Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

6.4.3.3 パスワード検証コンポーネントへの移行

注記

MySQL 8.0 では、validate_password プラグインが validate_password コンポーネントとして再実装されました。 validate_password プラグインは非推奨です。将来のバージョンの MySQL で削除される予定です。

validate_password プラグインを現在使用している MySQL インストールでは、かわりに validate_password コンポーネントの使用に移行する必要があります。 これを行うには、次の手順を使用します。 この手順では、プラグインをアンインストールする前にコンポーネントをインストールして、パスワード検証が行われない時間ウィンドウが表示されないようにします。 (コンポーネントとプラグインは同時にインストールできます。 この場合、サーバーはコンポーネントを使用しようとし、コンポーネントが使用できない場合はプラグインにフォールバックします。)

  1. validate_password コンポーネントをインストールします:

    INSTALL COMPONENT 'file://component_validate_password';
  2. validate_password コンポーネントをテストして、予想どおりに機能することを確認します。 validate_password.xxx システム変数を設定する必要がある場合は、SET GLOBAL を使用して実行時に設定できます。 (必要なオプションファイルの変更は、次のステップで実行します。)

  3. プラグインシステムおよびステータス変数への参照を、対応するコンポーネントシステムおよびステータス変数を参照するように調整します。 以前に、次のようなオプションファイルを使用して起動時にプラグインを構成したとします:

    [mysqld]
    validate-password=FORCE_PLUS_PERMANENT
    validate_password_dictionary_file=/usr/share/dict/words
    validate_password_length=10
    validate_password_number_count=2

    これらの設定はプラグインに適していますが、コンポーネントに適用するように変更する必要があります。 オプションファイルを調整するには、--validate-password オプションを省略し (コンポーネントではなくプラグインにのみ適用)、プラグインに適したドットなしの名前からコンポーネントに適したドット付きの名前にシステム変数参照を変更します:

    [mysqld]
    validate_password.dictionary_file=/usr/share/dict/words
    validate_password.length=10
    validate_password.number_count=2

    実行時に validate_password プラグインシステムおよびステータス変数を参照するアプリケーションにも同様の調整が必要です。 ドットなしプラグイン変数名を、対応するドット付きコンポーネント変数名に変更します。

  4. validate_password プラグインをアンインストールします:

    UNINSTALL PLUGIN validate_password;

    --plugin-load または --plugin-load-add オプションを使用してサーバーの起動時に validate_password プラグインがロードされる場合は、サーバーの起動手順でそのオプションを省略します。 たとえば、オプションがサーバーオプションファイルにリストされている場合は、ファイルから削除します。

  5. サーバーを再起動します。