Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

6.4.4.12 キーリングコマンドのオプション

MySQL は、次のキーリング関連のコマンドラインオプションをサポートしています:

  • --keyring-migration-destination=plugin

    コマンド行形式 --keyring-migration-destination=plugin_name
    文字列

    キー移行用の宛先キーリングプラグイン。 セクション6.4.4.9「キーリングキーストア間のキーの移行」を参照してください。 オプション値の形式と解釈は、--keyring-migration-source オプションで説明されているものと同じです。

    注記

    --keyring-migration-source および --keyring-migration-destination は、すべてのキーリング移行操作に必須です。 ソースプラグインと移行先プラグインは異なる必要があり、移行サーバーは両方のプラグインをサポートする必要があります。

  • --keyring-migration-host=host_name

    コマンド行形式 --keyring-migration-host=host_name
    文字列
    デフォルト値 localhost

    いずれかのキー移行キーストアを現在使用している実行中のサーバーのホストの場所。 セクション6.4.4.9「キーリングキーストア間のキーの移行」を参照してください。 移行は常にローカルホストで行われるため、このオプションでは、localhost, 127.0.0.1, ::1 などのローカルサーバーに接続するための値、またはローカルホストの IP アドレスまたはホスト名を常に指定します。

  • --keyring-migration-password[=password]

    コマンド行形式 --keyring-migration-password[=password]
    文字列

    いずれかのキー移行キーストアを現在使用している実行中のサーバーに接続するためのパスワード。 セクション6.4.4.9「キーリングキーストア間のキーの移行」を参照してください。 コマンドラインでオプション名の後に password 値を省略すると、サーバーによって値の入力が求められます。

    コマンド行でのパスワード指定は、セキュアでないと考えるべきです。 セクション6.1.2.1「パスワードセキュリティーのためのエンドユーザーガイドライン」を参照してください。 オプションファイルを使用すれば、コマンド行でパスワードを指定することを回避できます。 この場合、ファイルには制限モードがあり、移行サーバーの実行に使用されるアカウントからのみアクセスできる必要があります。

  • --keyring-migration-port=port_num

    コマンド行形式 --keyring-migration-port=port_num
    数値
    デフォルト値 3306

    TCP/IP 接続の場合、キー移行キーストアのいずれかを現在使用している実行中のサーバーに接続するためのポート番号。 セクション6.4.4.9「キーリングキーストア間のキーの移行」を参照してください。

  • --keyring-migration-socket=path

    コマンド行形式 --keyring-migration-socket={file_name|pipe_name}
    文字列

    Unix ソケットファイルまたは Windows 名前付きパイプ接続の場合、キー移行キーストアのいずれかを現在使用している実行中のサーバーに接続するためのソケットファイルまたは名前付きパイプ。 セクション6.4.4.9「キーリングキーストア間のキーの移行」を参照してください。

  • --keyring-migration-source=plugin

    コマンド行形式 --keyring-migration-source=plugin_name
    文字列

    キー移行用のソースキープラグイン。 セクション6.4.4.9「キーリングキーストア間のキーの移行」を参照してください。

    このオプションの値は --plugin-load の値と似ていますが、指定できるプラグインライブラリが 1 つだけである点が異なります。 この値は、name = plugin_library または plugin_library として指定されます。 name はロードするプラグインの名前で、plugin_library はプラグインコードを含むライブラリファイルの名前です。 プラグインライブラリに先行するプラグイン名を付けないで名前を付けると、サーバーはライブラリ内のすべてのプラグインをロードします。 サーバーは、plugin_dir システム変数で指定されたディレクトリ内でプラグインライブラリファイルを検索します。

    注記

    --keyring-migration-source および --keyring-migration-destination は、すべてのキーリング移行操作に必須です。 ソースプラグインと移行先プラグインは異なる必要があり、移行サーバーは両方のプラグインをサポートする必要があります。

  • --keyring-migration-user=user_name

    コマンド行形式 --keyring-migration-user=user_name
    文字列

    いずれかのキー移行キーストアを現在使用している実行中のサーバーに接続するためのユーザー名。 セクション6.4.4.9「キーリングキーストア間のキーの移行」を参照してください。