Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  ...  /  Oracle Cloud Infrastructure Vault キーリングプラグインの使用

このページは機械翻訳したものです。

6.4.4.7 Oracle Cloud Infrastructure Vault キーリングプラグインの使用

注記

keyring_oci プラグインは、商用製品である MySQL Enterprise Edition に含まれている拡張機能です。 商用製品の詳細は、https://www.mysql.com/products/ を参照してください。

keyring_oci プラグインは、バックエンドストレージのために Oracle Cloud Infrastructure Vault と通信するキーリングプラグインです。 キー情報は、MySQL サーバーのローカル記憶域に永続的に格納されません。 すべてのキーは Oracle Cloud Infrastructure Vault に格納されるため、このプラグインは Oracle Cloud Infrastructure MySQL 顧客の MySQL Enterprise Edition キーの管理に適しています。

keyring_oci プラグインは、標準の MySQL キーリングサービスインタフェースを構成する関数をサポートしています。 これらの関数によって実行されるキーリング操作には、次の 2 つのレベルでアクセスできます:

例 (UDF を使用):

SELECT keyring_key_generate('MyKey', 'AES', 32);
SELECT keyring_key_remove('MyKey');

keyring_oci で許可されるキータイプの詳細は、セクション6.4.4.8「サポートされているキーリングキーのタイプと長さ」 を参照してください。

keyring_oci プラグインをインストールするには、セクション6.4.4.1「キーリングプラグインのインストール」 にある一般的なキーリングのインストール手順と、ここにある keyring_oci に固有の構成情報を使用します。 プラグイン固有の構成には、Oracle Cloud Infrastructure リソースの名前または値を示す多数のシステム変数の設定が含まれます。

Oracle Cloud Infrastructure の概念に精通していることを前提としていますが、keyring_oci プラグインで使用するリソースを設定する際に次のドキュメントが役立つ場合があります:

keyring_oci プラグインは、次のテーブルに示す構成パラメータをサポートしています。 これらのパラメータを指定するには、対応するシステム変数に値を割り当てます。

構成パラメータ システム変数 必須
ユーザー OCID keyring_oci_user はい
テナンシ OCID keyring_oci_tenancy はい
コンパートメント OCID keyring_oci_compartment はい
ボールト OCID keyring_oci_virtual_vault はい
マスターキー OCID keyring_oci_master_key はい
暗号化サーバーエンドポイント keyring_oci_encryption_endpoint はい
キー管理サーバーエンドポイント keyring_oci_management_endpoint はい
ボールトサーバーエンドポイント keyring_oci_vaults_endpoint はい
シークレットサーバーエンドポイント keyring_oci_secrets_endpoint はい
RSA 秘密キーファイル keyring_oci_key_file はい
RSA 秘密キーのフィンガープリント keyring_oci_key_fingerprint はい
CA 証明書バンドルファイル keyring_oci_ca_certificate いいえ

サーバーの起動プロセス中に使用できるようにするには、--early-plugin-load オプションを使用して keyring_oci をロードする必要があります。 前述のテーブルに示されているように、プラグイン関連のいくつかのシステム変数は必須であり、設定する必要もあります:

  • Oracle Cloud Infrastructure では、Oracle Cloud ID (OCID) を広範囲に使用してリソースを指定し、いくつかの keyring_oci パラメータでは、使用するリソースの OCID 値を指定します。 したがって、keyring_oci プラグインを使用する前に、次の前提条件を満たす必要があります:

    • Oracle Cloud Infrastructure に接続するためのユーザーが存在する必要があります。 必要に応じてユーザーを作成し、ユーザー OCID を keyring_oci_user システム変数に割り当てます。

    • 使用する Oracle Cloud Infrastructure テナンシ、テナンシ内の MySQL コンパートメントおよびコンパートメント内のボールトが存在する必要があります。 必要に応じてこれらのリソースを作成し、ユーザーが使用できるようになっていることを確認します。 テナンシ、コンパートメントおよびボールトの OCID を keyring_oci_tenancykeyring_oci_compartment および keyring_oci_virtual_vault システム変数に割り当てます。

    • 暗号化用のマスターキーが存在する必要があります。 必要に応じて OCID を作成し、keyring_oci_master_key システム変数に割り当てます。

  • 複数のサーバーエンドポイントを指定する必要があります。 これらのエンドポイントはボールト固有であり、Oracle Cloud Infrastructure によってボールト作成時に割り当てられます。 ボールトの詳細ページから値を取得し、keyring_oci_encryption_endpoint, keyring_oci_management_endpoint, keyring_oci_vaults_endpoint および keyring_oci_secrets_endpoint システム変数に割り当てます。

  • Oracle Cloud Infrastructure API では、RSA 秘密キーと公開キーのペアを認証に使用します。 このキーペアを作成してキーフィンガープリントを取得するには、「必要なキーおよび OCID」の手順を使用します。 秘密キーファイル名とキーフィンガープリントを keyring_oci_key_file および keyring_oci_key_fingerprint システム変数に割り当てます。

必須のシステム変数に加えて、ピア認証用の認証局 (CA) 証明書バンドルファイルを指定するように keyring_oci_ca_certificate をオプションで設定できます。

重要

Oracle Cloud Infrastructure コンソールからパラメータをコピーする場合、コピーされた値に初期 https://部分が含まれている可能性があります。 対応する keyring_oci システム変数を設定する場合は、その部分を省略します。

たとえば、keyring_oci8 をロードして構成するには、サーバーの my.cnf ファイルで次の行を使用します (必要に応じて、プラットフォームの .so 接尾辞とファイルの場所を調整します):

[mysqld]
early-plugin-load=keyring_oci.so
keyring_oci_user=ocid1.user.oc1..longAlphaNumericString
keyring_oci_tenancy=ocid1.tenancy.oc1..longAlphaNumericString
keyring_oci_compartment=ocid1.compartment.oc1..longAlphaNumericString
keyring_oci_virtual_vault=ocid1.vault.oc1.iad.shortAlphaNumericString.longAlphaNumericString
keyring_oci_master_key=ocid1.key.oc1.iad.shortAlphaNumericString.longAlphaNumericString
keyring_oci_encryption_endpoint=shortAlphaNumericString-crypto.kms.us-ashburn-1.oraclecloud.com
keyring_oci_management_endpoint=shortAlphaNumericString-management.kms.us-ashburn-1.oraclecloud.com
keyring_oci_vaults_endpoint=vaults.us-ashburn-1.oci.oraclecloud.com
keyring_oci_secrets_endpoint=secrets.vaults.us-ashburn-1.oci.oraclecloud.com
keyring_oci_key_file=file_name
keyring_oci_key_fingerprint=12:34:56:78:90:ab:cd:ef:12:34:56:78:90:ab:cd:ef

keyring_oci プラグイン固有のシステム変数の詳細は、セクション6.4.4.13「キーリングシステム変数」 を参照してください。

keyring_oci プラグインは実行時再構成をサポートしておらず、そのシステム変数は実行時に変更できません。 構成パラメータを変更するには、次のようにします:

  • my.cnf ファイルのパラメータ設定を変更するか、mysqld-auto.conf に永続化されるパラメータに SET PERSIST_ONLY を使用します。

  • サーバーを再起動します。