Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

6.4.4 MySQL キーリング

MySQL Server は、内部サーバーコンポーネントおよびプラグインが機密情報を安全に格納して後で取得できるようにするキーリングをサポートしています。 実装は、次の要素で構成されます:

  • バッキングストアを管理したり、ストレージバックエンドと通信したりするキーリングプラグイン。 次のキーリングプラグインを使用できます:

  • 主要な移行機能。 MySQL サーバーの操作モードでは、基礎となるキーリングキーストア間でキーを移行できるため、DBA は MySQL インストールをあるキーリングプラグインから別のキーリングプラグインに切り替えることができます。 セクション6.4.4.9「キーリングキーストア間のキーの移行」を参照してください。

  • 鍵リング鍵管理用の鍵リングサービスインタフェース。次の 2 つのレベルでアクセスできます:

  • キーメタデータアクセス。 MySQL 8.0.16 以降では、パフォーマンススキーマ keyring_keys テーブルは鍵リング内の鍵のメタデータを公開します。 キーメタデータには、キー ID、キー所有者およびバックエンドキー ID が含まれます。 keyring_keys テーブルでは、キーの内容などの機密キーリングデータは公開されません。 セクション27.12.19.6「keyring_keys テーブル」を参照してください。

警告

暗号化キー管理用の keyring_file および keyring_encrypted_file プラグインは、規制コンプライアンスソリューションとしては意図されていません。 PCI、FIPS などのセキュリティ標準では、キーボールトまたはハードウェアセキュリティモジュール (HSM) 内の暗号化キーを保護、管理および保護するためにキー管理システムを使用する必要があります。

MySQL 内では、キーリングの使用方法は次のとおりです:

  • InnoDB ストレージエンジンは、鍵リングを使用して、テーブルスペース暗号化用の鍵を格納します。 InnoDB は、サポートされている任意のキーリングプラグインを使用できます。 セクション15.13「InnoDB 保存データ暗号化」を参照してください。

  • MySQL Enterprise Audit では、キーリングを使用して監査ログファイルの暗号化パスワードを格納します。 監査ログプラグインは、サポートされている任意のキーリングプラグインを使用できます。 監査ログファイルの暗号化を参照してください。

  • バイナリログとリレーログの管理では、ログファイルの鍵リングベースの暗号化がサポートされています。 ログファイルの暗号化を有効にすると、バイナリログファイルとリレーログファイルのパスワードを暗号化するために使用される鍵が鍵リングに格納されます。 この機能では、サポートされている任意のキーリングプラグインを使用できます。 セクション17.3.2「バイナリログファイルとリレーログファイルの暗号化」を参照してください。

鍵リングの一般的なインストール手順については、セクション6.4.4.1「キーリングプラグインのインストール」 を参照してください。 特定のキーリングプラグインに固有のインストールおよび構成情報については、そのプラグインについて説明しているセクションを参照してください。

キーリング UDF の使用の詳細は、セクション6.4.4.10「汎用キーリングキー管理関数」 を参照してください。

キープラグインおよび UDF は、キーリングへのコンポーネントのインタフェースを提供するキーリングサービスにアクセスします。 キーリングプラグインサービスへのアクセスおよびキーリングプラグインの記述については、セクション5.6.8.2「キーリングサービス」 および Writing Keyring Plugins を参照してください。