Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  ...  /  statements_with_errors_or_warnings および x$statements_with_errors_or_warnings ビュー

このページは機械翻訳したものです。

28.4.3.36 statements_with_errors_or_warnings および x$statements_with_errors_or_warnings ビュー

これらのビューには、エラーまたは警告が生成された正規化されたステートメントが表示されます。 デフォルトでは、行は降順のエラー数および警告数でソートされます。

statements_with_errors_or_warnings ビューと x$statements_with_errors_or_warnings ビューには、次のカラムがあります:

  • クエリー

    正規化されたステートメントの文字列。

  • db

    ステートメントのデフォルトデータベース。存在しない場合は NULL

  • exec_count

    ステートメントが実行された合計回数。

  • エラーを参照してください。

    ステートメントの発生によって生成されたエラーの合計数。

  • error_pct

    エラーが発生したステートメントの発生率。

  • warnings

    ステートメントの発生によって生成された警告の合計数。

  • warning_pct

    警告を生成したステートメントの発生率。

  • first_seen

    ステートメントが最初に表示された時刻。

  • last_seen

    ステートメントが最後に表示された時刻。

  • digest

    ステートメントダイジェスト。