Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

28.4.5.1 extract_schema_from_file_name() 関数

ファイルパス名を指定すると、スキーマ名を表すパスコンポーネントを返します。 この関数は、ファイル名がスキーマディレクトリ内にあることを前提としています。 このため、独自の DATA_DIRECTORY テーブルオプションを使用して定義されたパーティションまたはテーブルでは機能しません。

この関数は、ファイルパス名を含むパフォーマンススキーマからファイル I/O 情報を抽出する場合に役立ちます。 完全パス名よりも理解しやすく、オブジェクトスキーマ名に対する結合で使用できるスキーマ名を表示する便利な方法を提供します。

パラメータ
  • path VARCHAR(512): スキーマ名の抽出元のデータファイルへのフルパス。

戻り値

VARCHAR(64) 値。

mysql> SELECT sys.extract_schema_from_file_name('/usr/local/mysql/data/world/City.ibd');
+---------------------------------------------------------------------------+
| sys.extract_schema_from_file_name('/usr/local/mysql/data/world/City.ibd') |
+---------------------------------------------------------------------------+
| world                                                                     |
+---------------------------------------------------------------------------+