Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  ...  /  io_by_thread_by_latency および x$io_by_thread_by_latency のビュー

このページは機械翻訳したものです。

28.4.3.10 io_by_thread_by_latency および x$io_by_thread_by_latency のビュー

これらのビューは、I/O コンシューマを要約して、I/O を待機している時間をスレッド別にグループ化して表示します。 デフォルトでは、行は合計 I/O レイテンシの降順でソートされます。

io_by_thread_by_latency ビューと x$io_by_thread_by_latency ビューには、次のカラムがあります:

  • user

    フォアグラウンドスレッドの場合、スレッドに関連付けられたアカウント。 バックグラウンドスレッドの場合は、スレッド名。

  • total

    スレッドの I/O イベントの合計数。

  • total_latency

    スレッドの時間指定 I/O イベントの合計待機時間。

  • min_latency

    スレッドの時間指定 I/O イベントの最小単一待機時間。

  • avg_latency

    スレッドの時間指定 I/O イベント当たりの平均待機時間。

  • max_latency

    スレッドの時間指定 I/O イベントの最大単一待機時間。

  • thread_id

    スレッド ID。

  • processlist_id

    フォアグラウンドスレッドの場合、スレッドのプロセスリスト ID。 バックグラウンドスレッドの場合、NULL