Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

28.4.5.6 format_time() 関数

注記

MySQL 8.0.16 では、format_time() は非推奨です。将来のバージョンの MySQL で削除される予定です。 かわりに、組込みの FORMAT_PICO_TIME() 関数を使用するようにアプリケーションを移行する必要があります。 セクション12.22「パフォーマンススキーマ関数」を参照してください

ピコ秒単位のパフォーマンススキーマレイテンシまたは待機時間を指定すると、それを人間が読める形式に変換し、値と単位インジケータで構成される文字列を返します。 値のサイズに応じて、単位部分は ps (ピコ秒)、ns (ナノ秒)、us (マイクロ秒)、ms (ms)、s (秒)、m (分)、h (時間)、d (日) または w (週) です。

パラメータ
  • picoseconds TEXT: 書式設定するピコ秒値。

戻り値

TEXT 値。

mysql> SELECT sys.format_time(3501), sys.format_time(188732396662000);
+-----------------------+----------------------------------+
| sys.format_time(3501) | sys.format_time(188732396662000) |
+-----------------------+----------------------------------+
| 3.50 ns               | 3.15 m                           |
+-----------------------+----------------------------------+