Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  ...  /  InnoDB を使用したテストおよびベンチマーク

このページは機械翻訳したものです。

15.1.4 InnoDB を使用したテストおよびベンチマーク

InnoDB がデフォルトのストレージエンジンでない場合は、コマンド行で --default-storage-engine=InnoDB を定義してサーバーを再起動するか、MySQL サーバーオプションファイルの[mysqld]セクションで default-storage-engine=innodb を定義してサーバーを再起動することによって、データベースサーバーまたはアプリケーションが InnoDB で正しく動作するかどうかを判断できます。

デフォルトのストレージエンジンを変更しても、新たに作成されたテーブルしか影響を受けないため、アプリケーションのインストールおよび設定ステップをすべて実行して、すべてが正しくインストールされたことを確認します。 次に、すべてのアプリケーション機能を実行して、データのロード、編集、およびクエリー機能がすべて動作することを確認します。 テーブルが別のストレージエンジンに固有の機能に依存している場合は、エラーが発生します。エラーを回避するには、CREATE TABLE ステートメントに ENGINE=other_engine_name 句を追加します。

ストレージエンジンに関する意図的な決定を行わず、InnoDB を使用して作成された特定のテーブルの動作をプレビューする場合は、テーブルごとにコマンド ALTER TABLE table_name ENGINE=InnoDB;を発行します。 または、元のテーブルを妨げずにテストクエリーおよびその他のステートメントを実行するには、コピーを作成します:

CREATE TABLE InnoDB_Table (...) ENGINE=InnoDB AS SELECT * FROM other_engine_table;

現実的なワークロードで完全なアプリケーションを使用してパフォーマンスを評価するには、最新の MySQL サーバーをインストールし、ベンチマークを実行します。

完全なアプリケーションのライフサイクル (インストールから頻繁な使用まで)、およびサーバーの再起動をテストします。 電源障害のシミュレーションを行うために、データベースの負荷が高いときにサーバープロセスを強制終了し、サーバーの再起動時にデータが正常にリカバリされるかどうかを確認します。

特に、ソースサーバーとレプリカで異なる MySQL バージョンとオプションを使用する場合は、レプリケーション構成をテストします。