Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  ...  /  InnoDB memcached プラグイン用のアプリケーションの記述

このページは機械翻訳したものです。

15.20.6 InnoDB memcached プラグイン用のアプリケーションの記述

通常、InnoDB memcached プラグイン用のアプリケーションを記述するには、MySQL または memcached API を使用する既存のコードをある程度書き換えるか適応させます。

  • daemon_memcached プラグインを使用すると、多くの従来の memcached サーバーが低消費マシン上で実行されるのではなく、MySQL サーバーと同じ数の memcached サーバーが、大規模なディスク記憶域およびメモリーを備えた比較的高消費マシン上で実行されます。 memcached API で動作する既存のコードを再利用できますが、サーバー構成が異なるために適応が必要になる可能性があります。

  • daemon_memcached プラグインを介して格納されたデータは、VARCHARTEXT または BLOB カラムに格納され、数値操作を実行するために変換する必要があります。 変換は、アプリケーション側で実行することも、クエリーで CAST() 関数を使用して実行することもできます。

  • データベースバックグラウンドから使用する場合、多くのカラムを備えた汎用の SQL テーブルを使用する場合があります。 memcached コードによってアクセスされるテーブルには、データ値を保持する単一または少数のカラムしかない可能性があります。

  • 単一行のクエリー、挿入、更新または削除を実行するアプリケーションの一部を調整して、コードの重要なセクションのパフォーマンスを向上させることができます。 InnoDB memcached インタフェースを介して実行すると、queries (読取り) 操作と DML (書込み) 操作の両方が大幅に高速になります。 書込みのパフォーマンスの向上は通常、読取りのパフォーマンスの向上よりも大きいため、ロギングを実行するコードの適応や、web サイトでの対話型の選択の記録に焦点を当てる場合があります。

次の各セクションでは、これらの点について詳しく説明します。