Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

15.20.6.5 memcached 操作に合わせた DML ステートメントの改変

ベンチマークは、daemon_memcached プラグインがクエリーを高速化するよりも DML 操作 (挿入、更新および削除) を高速化することを示しています。 したがって、I/O-bound,である書込み集中型アプリケーションに初期開発作業に焦点を当て、新しい書込み集中型アプリケーション用に daemon_memcached プラグインとともに MySQL を使用する機会を探すことを検討してください。

単一行 DML ステートメントは、memcached 操作に変換する最も簡単なタイプのステートメントです。 INSERTadd になり、UPDATEsetincr または decr になり、DELETEdelete になります。 key はテーブル内で一意であるため、これらの操作は、memcached インタフェースを介して発行された場合にのみ影響を受けることが保証されます。

次の SQL の例では、t1 は、innodb_memcache.containers テーブルの構成に基づいて、memcached 操作に使用されるテーブルを参照します。keykey_columns の下にリストされているカラムを示し、valvalue_columns の下にリストされているカラムを示します。

INSERT INTO t1 (key,val) VALUES (some_key,some_value);
SELECT val FROM t1 WHERE key = some_key;
UPDATE t1 SET val = new_value WHERE key = some_key;
UPDATE t1 SET val = val + x WHERE key = some_key;
DELETE FROM t1 WHERE key = some_key;

テーブルからすべての行を削除する次の TRUNCATE TABLE および DELETE ステートメントは、前の例のように t1memcached 操作のテーブルとして構成されている flush_all 操作に対応しています。

TRUNCATE TABLE t1;
DELETE FROM t1;