Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

15.20 InnoDB memcached プラグイン

注記

InnoDB memcached プラグインは、MySQL 8.0.22 の時点では非推奨です。将来のバージョンの MySQL ではサポートされなくなる予定です。

InnoDB memcached プラグイン (daemon_memcached) には、InnoDB テーブルのデータを自動的に格納および取得し、MySQL サーバーを高速「キー/値ストア」にする統合 memcached デーモンが用意されています。 SQL でクエリーを作成するかわりに、SQL 解析およびクエリー最適化計画の作成に関連するパフォーマンスオーバーヘッドを回避する単純な getset および incr 操作を使用できます。 また、便宜上、複雑なクエリー、バルク操作および従来のデータベースソフトウェアのその他の長所のために、SQL を使用して同じ InnoDB テーブルにアクセスすることもできます。

この NoSQL スタイルのインタフェースは、memcached API を使用してデータベース操作を高速化し、InnoDB がそのバッファープールメカニズムを使用してメモリーキャッシュを処理します。 addsetincr などの memcached 操作によって変更されたデータは、InnoDB テーブルのディスクに格納されます。 memcached の簡便性と InnoDB の信頼性および一貫性の組み合わせにより、セクション15.20.1「InnoDB memcached プラグインの利点」で説明されている両方の優れた点がユーザーに提供されます。 アーキテクチャの概要は、セクション15.20.2「InnoDB memcached のアーキテクチャー」 を参照してください。