Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.0Mb


このページは機械翻訳したものです。

15.6.1.6 InnoDB での AUTO_INCREMENT 処理

InnoDB には、AUTO_INCREMENT カラムを含むテーブルに行を追加する SQL ステートメントのスケーラビリティおよびパフォーマンスを大幅に向上させる構成可能なロックメカニズムが用意されています。 InnoDB テーブルで AUTO_INCREMENT メカニズムを使用するには、AUTO_INCREMENT カラムをインデックスの一部として定義して、最大カラム値を取得するためにテーブルでインデックス付けされた SELECT MAX(ai_col) 参照と同等の操作を実行できるようにする必要があります。 一般に、これはカラムをどこかのテーブルインデックスの 1 番目のカラムにすることで実現されます。

このセクションでは、AUTO_INCREMENT ロックモードの動作、様々な AUTO_INCREMENT ロックモード設定の使用上の影響、および InnoDB による AUTO_INCREMENT カウンタの初期化方法について説明します。

InnoDB AUTO_INCREMENT のロックモード

このセクションでは、自動増分値の生成に使用される AUTO_INCREMENT ロックモードの動作と、各ロックモードがレプリケーションに与える影響について説明します。 自動増分ロックモードは、起動時に innodb_autoinc_lock_mode 構成パラメータを使用して構成されます。

innodb_autoinc_lock_mode 設定の説明では、次の用語が使用されます:

  • INSERT のようなステートメント

    INSERTINSERT ... SELECTREPLACEREPLACE ... SELECTLOAD DATA など、テーブル内に新しい行を生成するすべてのステートメントです。 simple-insertsbulk-inserts および mixed-mode の挿入が含まれます。

  • 単純挿入

    挿入行数を事前に (ステートメントの初期処理時に) 決定できるステートメントです。 これには、ネストしたサブクエリーを持たない単一行および複数行の INSERT および REPLACE ステートメントが含まれますが、INSERT ... ON DUPLICATE KEY UPDATE は含まれません。

  • 一括挿入

    挿入行数 (および必要な自動インクリメント値の数) が事前にわからないステートメントです。 これには、INSERT ... SELECTREPLACE ... SELECT、および LOAD DATA ステートメントが含まれますが、単純な INSERT は含まれません。 InnoDB では、各行が処理されるたびに AUTO_INCREMENT カラムに新しい値が割り当てられます。

  • 混在モード挿入

    これらは、新しい行の一部 (全部ではない) の自動インクリメント値を指定する 単純挿入 ステートメントです。 次の例を示します。c1 はテーブル t1AUTO_INCREMENT カラムです。

    INSERT INTO t1 (c1,c2) VALUES (1,'a'), (NULL,'b'), (5,'c'), (NULL,'d');

    INSERT ... ON DUPLICATE KEY UPDATE は別のタイプの 混在モード挿入 で、最悪の場合には実質 INSERT のあとに UPDATE を実行することに相当しますが、AUTO_INCREMENT カラムに割り当てられた値は、更新フェーズで使用される可能性も使用されない可能性もあります。

innodb_autoinc_lock_mode 構成パラメータには、3 つの設定が可能です。 「従来型」「連続」または「インターリーブ」ロックモードの設定は、それぞれ 0、1 または 2 です。 MySQL 8.0 の時点では、インターリーブロックモード (innodb_autoinc_lock_mode=2) がデフォルト設定です。 MySQL 8.0 より前は、連続ロックモードがデフォルト (innodb_autoinc_lock_mode=1) です。

MySQL 8.0 のインターリーブロックモードのデフォルト設定は、デフォルトのレプリケーションタイプとして、ステートメントベースのレプリケーションから行ベースのレプリケーションへの変更を反映しています。 ステートメントベースレプリケーションでは、SQL ステートメントの特定のシーケンスに対して自動インクリメント値が予測可能かつ繰り返し可能な順序で割り当てられるように、連続した自動インクリメントロックモードが必要ですが、行ベースレプリケーションは SQL ステートメントの実行順序には影響しません。

  • innodb_autoinc_lock_mode = 0 (従来 ロックモード)

    従来のロックモードでは、innodb_autoinc_lock_mode 構成パラメータが MySQL 5.1 で導入される前と同じ動作が提供されます。 従来のロックモードオプションは、セマンティックに違いがある可能性があるため、下位互換性、パフォーマンステストおよび混合モードの挿入に関する問題の回避のために提供されています。

    このロックモードでは、すべての INSERT-like ステートメントは、AUTO_INCREMENT カラムを含むテーブルに挿入するための特別なテーブルレベルの AUTO-INC ロックを取得します。 通常、このロックは (トランザクションの最後ではなく) ステートメントの最後に保持され、特定の一連の INSERT ステートメントに対して予測可能で繰返し可能な順序で自動増分値が割り当てられ、特定のステートメントによって割り当てられた自動増分値が連続していることを確認します。

    ステートメントベースレプリケーションの場合、これは、SQL ステートメントがレプリカサーバー上でレプリケートされるときに、ソースサーバー上と同じ値が自動インクリメントカラムに使用されることを意味します。 複数の INSERT ステートメントの実行結果は決定的で、レプリカはソースと同じデータを再現します。 複数の INSERT ステートメントによって生成された自動インクリメント値がインターリーブされた場合、2 つの同時 INSERT ステートメントの結果は非決定的になり、ステートメントベースのレプリケーションを使用してレプリカサーバーに確実に伝播できませんでした。

    この点が明確になるように、次のテーブルを使用する例を考えてみましょう。

    CREATE TABLE t1 (
      c1 INT(11) NOT NULL AUTO_INCREMENT,
      c2 VARCHAR(10) DEFAULT NULL,
      PRIMARY KEY (c1)
    ) ENGINE=InnoDB;

    実行中のトランザクションが 2 つ存在しており、それぞれ AUTO_INCREMENT カラムを含むテーブル内に行を挿入しているものとします。 1 つのトランザクションは 1000 行を挿入する INSERT ... SELECT ステートメントを使用しており、もう 1 つのトランザクションは 1 行を挿入する単純な INSERT ステートメントを使用しています。

    Tx1: INSERT INTO t1 (c2) SELECT 1000 rows from another table ...
    Tx2: INSERT INTO t1 (c2) VALUES ('xxx');

    InnoDB では、Tx1 の INSERT ステートメントで SELECT から取得される行数を事前に確認できず、ステートメントの進行に応じて一度に自動増分値が割り当てられます。 ステートメントの終了まで保持されるテーブルレベルロックが存在しているため、ある時点で実行可能な INSERT ステートメントはテーブル t1 を参照している 1 つのステートメントだけであり、複数ステートメントによって自動インクリメント番号の生成がインターリーブされることはありません。 Tx1 INSERT ... SELECT ステートメントによって生成される自動インクリメント値は連続しており、Tx2 の INSERT ステートメントで使用される (単一の) 自動インクリメント値は、最初に実行されるステートメントに応じて、Tx1 で使用されるすべての値より小さくなるか大きくなります。

    SQL ステートメントがバイナリログからリプレイされたときに (ステートメントベースレプリケーションを使用している場合、または復旧シナリオで) 同じ順序で実行されているかぎり、結果は Tx1 および Tx2 が最初に実行されたときと同じです。 したがって、ステートメントの終了まで保持されるテーブルレベルロックが存在することで、自動インクリメントを使用する INSERT ステートメントをステートメントベースのレプリケーションで安全に使用できるようになります。 ただし、複数のトランザクションが同時に INSERT ステートメントを実行している場合、これらのテーブルレベルのロックによって同時実行性およびスケーラビリティが制限されます。

    前述の例でテーブルレベルロックが存在しなかった場合、Tx2 の INSERT で使用される自動インクリメントカラムの値は、ステートメントが実際に実行されるタイミングに応じて変更されます。 Tx1 の INSERT の (実行前や完了後ではなく) 実行中に、Tx2 の INSERT が実行された場合、その 2 つの INSERT ステートメントで割り当てられる具体的な自動インクリメント値は非決定的となり、実行するたびに値が異なる可能性があります。

    consecutive ロックモードでは、InnoDB は、行数が事前にわかっている「単純挿入」ステートメントに対してテーブルレベルの AUTO-INC ロックを使用せずに、ステートメントベースのレプリケーションの決定論的な実行および安全性を維持できます。

    バイナリログを使用して SQL ステートメントを回復またはレプリケーションの一部としてリプレイしない場合、interleaved ロックモードを使用すると、ステートメントによって割り当てられた自動インクリメント番号のギャップを許可し、同時に実行するステートメントによって割り当てられた番号を保持する可能性がありますが、並列性とパフォーマンスを向上させるために、テーブルレベルの AUTO-INC ロックのすべての使用を排除できます。

  • innodb_autoinc_lock_mode = 1 (連続 ロックモード)

    このモードでは、一括挿入 は特殊な AUTO-INC テーブルレベルロックを使用し、そのロックをステートメントの終了まで保持します。 これは、INSERT ... SELECTREPLACE ... SELECTLOAD DATA のすべてのステートメントに当てはまります。 一度に実行できるステートメントは、AUTO-INC ロックを保持している 1 つのステートメントだけです。 一括挿入操作のソーステーブルがターゲットテーブルと異なる場合は、ソーステーブルから選択された最初の行で共有ロックが取得された後に、ターゲットテーブルの AUTO-INC ロックが取得されます。 バルク挿入操作のソースとターゲットが同じテーブルの場合、選択したすべての行で共有ロックが取得された後に AUTO-INC ロックが取得されます。

    「単純な挿入」 (事前に挿入される行数がわかっている) では、ステートメントが完了するまでではなく、割当てプロセスの間のみ保持される mutex (軽量ロック) の制御下で必要な数の自動増分値を取得することで、テーブルレベルの AUTO-INC ロックを回避します。 AUTO-INC ロックが別のトランザクションによって保持されていないかぎり、テーブルレベルの AUTO-INC ロックは使用されません。 別のトランザクションが AUTO-INC ロックを保持している場合、「単純挿入」「一括挿入」であるかのように AUTO-INC ロックを待機します。

    このロックモードでは、行数が事前にわからない (したがってステートメントの処理中に自動インクリメント番号が割り当てられる) INSERT ステートメントが存在する場合には、任意の INSERT のような ステートメントによって割り当てられたすべての自動インクリメント値が必ず連続した値になるため、その処理は、ステートメントベースのレプリケーションで使用しても安全です。

    このロックモードを使用すると、ステートメントベースのレプリケーションで安全に使用できるため、スケーラビリティが大幅に向上します。 さらに、従来ロックモードの場合と同じく、任意のステートメントによって割り当てられた自動インクリメント番号が連続的になります。 自動増分を使用するステートメントには、「従来型」モードと比較してセマンティクスの変更なしがありますが、重要な例外があります。

    例外は混在モード挿入です。この挿入では、ユーザーは複数行の単純挿入で、明示的な値を全部ではなく、一部の行の AUTO_INCREMENT カラムに指定します。 このような挿入の場合、InnoDB は挿入される行数より多くの自動インクリメント値を割り当てます。 ただし、自動的に割り当てられる値はすべて連続的に生成されるため、直前に実行されたステートメントによって生成された自動インクリメント値よりも値が大きくなります。 余分な番号は失われます。

  • innodb_autoinc_lock_mode = 2 (インターリーブ ロックモード)

    このロックモードでは、テーブルレベル AUTO-INC ロックを使用する INSERT のようなステートメントは 1 つも存在しないため、複数のステートメントを同時に実行できます。 これはもっとも高速で、もっとも拡張性の高いロックモードです。ただし、ステートメントベースのレプリケーションを使用する場合や、リカバリシナリオでバイナリログから SQL ステートメントを再現する際には、安全ではありません

    このロックモードでは、自動インクリメント値は一意であり、並列実行されているすべての INSERT のようなステートメントにわたって単調に増加することが保証されます。 ただし、複数のステートメントが同時に番号を生成している (つまり番号の割り当てが複数のステートメント間でインターリーブされている) 可能性があるため、任意のステートメントによって挿入される行に対して生成された値が連続的でない可能性があります。

    実行中のステートメントが「単純な挿入」のみで、挿入される行数が事前にわかっている場合、「混合モードの挿入」を除き、単一のステートメントに対して生成される番号にギャップはありません。 ただし、一括挿入が実行されると、特定のステートメントで割り当てられた自動インクリメント値にギャップが発生する可能性があります。

InnoDB AUTO_INCREMENT ロックモードの使用上の意味
  • レプリケーションでの自動インクリメントの使用

    ステートメントベースレプリケーションを使用している場合は、innodb_autoinc_lock_mode を 0 または 1 に設定し、ソースとその複製で同じ値を使用します。 innodb_autoinc_lock_mode = 2 (「インターリーブ」) またはソースとレプリカが同じロックモードを使用しない構成を使用する場合、レプリカとソースで自動インクリメント値が同じであることは保証されません。

    行ベースレプリケーションは SQL ステートメントの実行順序に左右されない (混在形式は、ステートメントベースレプリケーションでは安全でないステートメントで行ベースレプリケーションを使用する) ため、行ベースまたは混在形式レプリケーションを使用している場合は、すべての自動インクリメントロックモードが安全です。

  • 失われた自動インクリメント値とシーケンスギャップ

    すべてのロックモード (0、1、および 2) では、自動インクリメント値を生成したトランザクションがロールバックされると、これらの自動インクリメント値が失われますINSERT のようなステートメントが完了したかどうか、およびそれを含むトランザクションがロールバックされたかどうかに関係なく、自動インクリメントカラムの値は一度生成されたら、ロールバックできません。 このような失われた値は再使用されません。 したがって、テーブルの AUTO_INCREMENT カラムに格納されている値にはギャップが存在する可能性があります。

  • AUTO_INCREMENT カラムに NULL または 0 を指定

    すべてのロックモード (0、1 および 2) で、ユーザーが INSERTAUTO_INCREMENT カラムに NULL または 0 を指定すると、InnoDB はその行を値が指定されていないかのように処理し、新しい値を生成します。

  • AUTO_INCREMENT カラムへの負の値の割当て

    すべてのロックモード (0、1 および 2) では、AUTO_INCREMENT カラムに負の値を割り当てる場合、自動増分メカニズムの動作は定義されません。

  • AUTO_INCREMENT 値が指定された整数型の最大整数より大きい場合

    すべてのロックモード (0、1、および 2) では、値が指定された整数型に格納できる最大整数を超えると、自動インクリメントメカニズムの動作は定義されません。

  • 一括挿入の自動インクリメント値のギャップ

    innodb_autoinc_lock_mode が 0 (「従来型」) または 1 (「連続」) に設定されている場合、テーブルレベルの AUTO-INC ロックはステートメントの最後まで保持され、そのようなステートメントのみを一度に実行できるため、特定のステートメントによって生成される自動増分値はギャップなしで連続しています。

    innodb_autoinc_lock_mode が 2 (インターリーブ) に設定されている場合、一括挿入によって生成された自動インクリメント値にギャップが存在する可能性がありますが、並列実行中の INSERT のようなステートメントが存在する場合に限ります。

    一括挿入では、各ステートメントで必要となる自動インクリメント値の正確な数がわからず、過大評価される可能性があるため、ロックモードが 1 または 2 の場合は、連続したステートメント間でギャップが発生する可能性があります。

  • 混在モード挿入によって割り当てられる自動インクリメント値

    単純挿入が (全部ではなく) 一部の結果行の自動インクリメント値を指定する混在モード挿入を検討します。 このようなステートメントの動作は、ロックモード 0、1、および 2 で異なります。 たとえば、c1 はテーブル t1AUTO_INCREMENT カラムで、自動生成されたシーケンス番号の最新値が 100 であるとします。

    mysql> CREATE TABLE t1 (
        -> c1 INT UNSIGNED NOT NULL AUTO_INCREMENT PRIMARY KEY, 
        -> c2 CHAR(1)
        -> ) ENGINE = INNODB;

    ここで、次の「混合モードの挿入」ステートメントについて考えてみます:

    mysql> INSERT INTO t1 (c1,c2) VALUES (1,'a'), (NULL,'b'), (5,'c'), (NULL,'d');

    innodb_autoinc_lock_mode が 0 (「従来型」) に設定されている場合、4 つの新しい行は次のとおりです:

    mysql> SELECT c1, c2 FROM t1 ORDER BY c2;
    +-----+------+
    | c1  | c2   |
    +-----+------+
    |   1 | a    |
    | 101 | b    |
    |   5 | c    |
    | 102 | d    |
    +-----+------+

    次に使用可能な自動インクリメント値は 103 です。これは、自動インクリメント値が一度に 1 つずつ割り当てられ、ステートメントの実行開始時に一度に割り当てられるわけではないためです。 この結果は、並列実行中の (任意の型の) INSERT のようなステートメントが存在するかどうかに左右されません。

    innodb_autoinc_lock_mode を 1 (「連続」) に設定すると、次の 4 つの新しい行も表示されます:

    mysql> SELECT c1, c2 FROM t1 ORDER BY c2;
    +-----+------+
    | c1  | c2   |
    +-----+------+
    |   1 | a    |
    | 101 | b    |
    |   5 | c    |
    | 102 | d    |
    +-----+------+

    ただし、この場合、次に使用可能な自動増分値は 103 ではなく 105 です。これは、ステートメントの処理時に 4 つの自動増分値が割り当てられるためですが、使用されるのは 2 つのみであるためです。 この結果は、並列実行中の (任意の型の) INSERT のようなステートメントが存在するかどうかに左右されません。

    innodb_autoinc_lock_mode がモード 2 (「インターリーブ」) に設定されている場合、4 つの新しい行は次のとおりです:

    mysql> SELECT c1, c2 FROM t1 ORDER BY c2;
    +-----+------+
    | c1  | c2   |
    +-----+------+
    |   1 | a    |
    |   x | b    |
    |   5 | c    |
    |   y | d    |
    +-----+------+

    x および y の値は一意で、以前に生成された行より大きくなります。 ただし、x および y の特定の値は、同時に実行するステートメントによって生成される自動インクリメント値の数によって異なります。

    最後に、最後に生成された順序番号が 100 の場合に発行される次のステートメントについて考えてみます:

    mysql> INSERT INTO t1 (c1,c2) VALUES (1,'a'), (NULL,'b'), (101,'c'), (NULL,'d');

    innodb_autoinc_lock_mode 設定では、101 が行 (NULL, 'b') に割り当てられ、行 (101, 'c') の挿入が失敗するため、このステートメントによって重複キーエラー 23000 (Can't write; duplicate key in table) が生成されます。

  • 一連の INSERT ステートメントの途中での AUTO_INCREMENT カラム値の変更

    MySQL 5.7 以前では、一連の INSERT ステートメントの途中で AUTO_INCREMENT カラムの値を変更すると、「重複エントリ」エラーが発生する可能性がありました。 たとえば、AUTO_INCREMENT カラムの値を現在の最大自動増分値より大きい値に変更する UPDATE 操作を実行した場合、未使用の自動増分値を指定しなかった後続の INSERT 操作では「重複エントリ」エラーが発生する可能性があります。 MySQL 8.0 以降では、AUTO_INCREMENT カラムの値を現在の最大自動増分値より大きい値に変更すると、新しい値が永続化され、後続の INSERT 操作では、新しい大きい値から始まる自動増分値が割り当てられます。 この動作を次の例に示します。

    mysql> CREATE TABLE t1 (
        -> c1 INT NOT NULL AUTO_INCREMENT,
        -> PRIMARY KEY (c1)
        ->  ) ENGINE = InnoDB;
    
    mysql> INSERT INTO t1 VALUES(0), (0), (3);
    
    mysql> SELECT c1 FROM t1;
    +----+
    | c1 |
    +----+
    |  1 |
    |  2 |
    |  3 |
    +----+
    
    mysql> UPDATE t1 SET c1 = 4 WHERE c1 = 1;
    
    mysql> SELECT c1 FROM t1;
    +----+
    | c1 |
    +----+
    |  2 |
    |  3 |
    |  4 |
    +----+
    
    mysql> INSERT INTO t1 VALUES(0);
    
    mysql> SELECT c1 FROM t1;
    +----+
    | c1 |
    +----+
    |  2 |
    |  3 |
    |  4 |
    |  5 |
    +----+
InnoDB AUTO_INCREMENT カウンタの初期化

このセクションでは、InnoDBAUTO_INCREMENT カウンタを初期化する方法について説明します。

InnoDB テーブルに AUTO_INCREMENT カラムを指定した場合、インメモリーテーブルオブジェクトには、カラムに新しい値を割り当てるときに使用される自動増分カウンタと呼ばれる特別なカウンタが含まれます。

MySQL 5.7 以前では、自動インクリメントカウンタはメインメモリーにのみ格納され、ディスクには格納されません。 サーバーの再起動後に自動インクリメントカウンタを初期化するために、InnoDB は、AUTO_INCREMENT カラムを含むテーブルへの最初の挿入で次のステートメントと同等のステートメントを実行します。

SELECT MAX(ai_col) FROM table_name FOR UPDATE;

MySQL 8.0 では、この動作は変更されています。 現在の最大自動増分カウンタ値は、変更されるたびに redo ログに書き込まれ、各チェックポイントのエンジン専用システムテーブルに保存されます。 これらの変更により、現在の最大自動インクリメントカウンタ値がサーバーの再起動後も保持されます。

通常の停止後のサーバーの再起動時に、InnoDB は、データディクショナリのシステムテーブルに格納されている現在の最大自動増分値を使用して、インメモリー自動増分カウンタを初期化します。

クラッシュリカバリ中のサーバーの再起動時に、InnoDB は、データディクショナリのシステムテーブルに格納されている現在の最大自動増分値を使用してインメモリー自動増分カウンタを初期化し、最後のチェックポイント以降に書き込まれた自動増分カウンタ値の redo ログをスキャンします。 redo ログ値がインメモリーカウンタ値より大きい場合は、redo ログ値が適用されます。 ただし、予期しないサーバー終了の場合、以前に割り当てられた自動インクリメント値の再利用は保証できません。 INSERT または UPDATE 操作のために現在の最大自動増分値が変更されるたびに、新しい値が redo ログに書き込まれますが、redo ログがディスクにフラッシュされる前に予期しない終了が発生した場合は、サーバーの再起動後に自動増分カウンタが初期化されたときに、以前に割り当てられた値を再利用できます。

InnoDBSELECT MAX(ai_col) FROM table_name FOR UPDATE ステートメントと同等のものを使用して自動増分カウンタを初期化する唯一の状況は、.cfg メタデータファイルを使用しない importing a table の場合です。 それ以外の場合は、現在の最大自動インクリメントカウンタ値が .cfg メタデータファイルから読み取られます (存在する場合)。 カウンタ値の初期化とは別に、ALTER TABLE ... AUTO_INCREMENT = N FOR UPDATE ステートメントを使用してカウンタ値を永続カウンタ値以下に設定しようとすると、SELECT MAX(ai_col) FROM table_name ステートメントと同等のものを使用して、テーブルの現在の最大自動増分カウンタ値が決定されます。 たとえば、一部のレコードを削除した後で、カウンタ値を小さい値に設定しようとする場合があります。 この場合、テーブルを検索して、新しいカウンタ値が実際の現在の最大カウンタ値以下でないことを確認する必要があります。

MySQL 5.7 以前では、サーバーを再起動すると AUTO_INCREMENT = N テーブルオプションの影響が取り消され、CREATE TABLE または ALTER TABLE ステートメントで使用して、それぞれ初期カウンタ値を設定したり、既存のカウンタ値を変更したりできます。 MySQL 8.0 では、サーバーを再起動しても AUTO_INCREMENT = N テーブルオプションの影響は取り消されません。 自動インクリメントカウンタを特定の値に初期化した場合、または自動インクリメントカウンタ値を大きな値に変更した場合、新しい値はサーバーの再起動後も保持されます。

注記

ALTER TABLE ... AUTO_INCREMENT = N では、自動増分カウンタ値を現在の最大値より大きい値にのみ変更できます。

MySQL 5.7 以前では、ROLLBACK 操作の直後にサーバーを再起動すると、以前にロールバックされたトランザクションに割り当てられた自動増分値が再利用され、現在の最大自動増分値が事実上ロールバックされる可能性がありました。 MySQL 8.0 では、現在の最大自動増分値が永続化され、以前に割り当てられた値が再利用されなくなります。

自動増分カウンタが初期化される前に SHOW TABLE STATUS ステートメントがテーブルを調査する場合、InnoDB はテーブルを開き、データディクショナリのシステムテーブルに格納されている現在の最大自動増分値を使用してカウンタ値を初期化します。 この値は、後で挿入または更新するためにメモリーに格納されます。 カウンタ値の初期化では、トランザクションの最後まで続くテーブルに対する通常の排他ロック読取りが使用されます。 InnoDB は、0 より大きいユーザー指定の自動インクリメント値を持つ新しく作成されたテーブルの自動インクリメントカウンタを初期化する場合と同じ手順に従います。

自動インクリメントカウンタの初期化後、行の挿入時に自動インクリメント値を明示的に指定しない場合、InnoDB は暗黙的にカウンタを増分し、新しい値をカラムに割り当てます。 自動インクリメントカラム値を明示的に指定する行を挿入し、その値が現在の最大カウンタ値より大きい場合、カウンタは指定された値に設定されます。

InnoDB では、サーバーが実行されていれば、インメモリーの自動インクリメントカウンタが使用されます。 サーバーが停止して再起動されると、InnoDB は前述のように自動インクリメントカウンタを再初期化します。

auto_increment_offset 構成オプションによって、AUTO_INCREMENT カラム値の開始点が決まります。 デフォルト設定は 1 です。

auto_increment_increment 構成オプションは、連続するカラム値の間隔を制御します。 デフォルト設定は 1 です。

メモ

AUTO_INCREMENT 整数カラムの値を使い果たすと、後続の INSERT 操作で重複キーエラーが返されます。 これは、MySQL の一般的な動作です。