Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

15.5.4 ログバッファ

ログバッファは、ディスク上のログファイルに書き込まれるデータを保持するメモリー領域です。 ログバッファサイズは、innodb_log_buffer_size 変数によって定義されます。 デフォルトのサイズは 16M バイトです。 ログバッファの内容は定期的にディスクにフラッシュされます。 大きいログバッファを使用すると、トランザクションがコミットされる前に redo ログデータをディスクに書き込むことなく、大きなトランザクションを実行できます。 したがって、多数の行を更新、挿入または削除するトランザクションがある場合は、ログバッファのサイズを大きくするとディスク I/O が節約されます。

innodb_flush_log_at_trx_commit 変数は、ログバッファの内容をディスクに書き込む方法およびフラッシュする方法を制御します。 innodb_flush_log_at_timeout 変数は、ログのフラッシュ頻度を制御します。

関連情報については、メモリー構成,およびセクション8.5.4「InnoDB redo ロギングの最適化」を参照してください。