Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

8.3.13 降順インデックス

MySQL は降順インデックスをサポートしています: インデックス定義内の DESC は無視されなくなりましたが、キー値が降順で格納されます。 以前は、インデックスを逆の順序でスキャンできましたが、パフォーマンスが低下していました。 降順インデックスは順にスキャンできるため、より効率的です。 降順インデックスを使用すると、オプティマイザが複数カラムインデックスを使用できるようになります (最も効率的なスキャン順序で一部のカラムに昇順が混在し、他のカラムに降順が混在している場合)。

カラムの昇順インデックスと降順インデックスの様々な組合せに対する 2 つのカラムと 4 つの 2 カラムインデックス定義を含む、次のテーブル定義について考えてみます:

CREATE TABLE t (
  c1 INT, c2 INT,
  INDEX idx1 (c1 ASC, c2 ASC),
  INDEX idx2 (c1 ASC, c2 DESC),
  INDEX idx3 (c1 DESC, c2 ASC),
  INDEX idx4 (c1 DESC, c2 DESC)
);

テーブル定義の結果、4 つの個別インデックスが作成されます。 オプティマイザは、各 ORDER BY 句に対して正引きインデックススキャンを実行できるため、filesort 操作を使用する必要はありません:

ORDER BY c1 ASC, c2 ASC    -- optimizer can use idx1
ORDER BY c1 DESC, c2 DESC  -- optimizer can use idx4
ORDER BY c1 ASC, c2 DESC   -- optimizer can use idx2
ORDER BY c1 DESC, c2 ASC   -- optimizer can use idx3

降順インデックスの使用には、次の条件があります:

  • 降順インデックスは InnoDB ストレージエンジンでのみサポートされますが、次の制限があります:

    • インデックスに降順のインデックスキーカラムが含まれている場合、または主キーに降順のインデックスカラムが含まれている場合、変更バッファリングはセカンダリインデックスではサポートされません。

    • InnoDB SQL パーサーは降順インデックスを使用しません。 InnoDB 全文検索の場合、これは、インデックス付きテーブルの FTS_DOC_ID カラムに必要なインデックスを降順インデックスとして定義できないことを意味します。 詳細は、セクション15.6.2.4「InnoDB FULLTEXT インデックス」を参照してください。

  • 降順インデックスは、昇順インデックスが使用可能なすべてのデータ型でサポートされています。

  • 降順インデックスは、通常の (生成されない) カラムおよび生成されるカラム (VIRTUALSTORED の両方) でサポートされます。

  • DISTINCT では、降順のキー部分など、一致するカラムを含む任意のインデックスを使用できます。

  • 降順のキー部分を持つインデックスは、集計関数を呼び出すが GROUP BY 句を持たないクエリーの MIN()/MAX() 最適化には使用されません。

  • 降順インデックスは BTREE ではサポートされていますが、HASH インデックスではサポートされていません。 降順インデックスは、FULLTEXT または SPATIAL インデックスではサポートされていません。

    HASHFULLTEXT および SPATIAL インデックスに対して明示的に指定された ASC および DESC の指定では、エラーが発生します。