Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  ...  /  レプリケーション SQL スレッドの状態

このページは機械翻訳したものです。

8.14.6 レプリケーション SQL スレッドの状態

次のリストは、レプリカサーバー上のレプリケーション SQL スレッドの State カラムに表示される可能性のある最も一般的な状態を示しています:

  • Making temporary file (append) before replaying LOAD DATA INFILE

    スレッドは LOAD DATA ステートメントを実行しており、レプリカが行を読み取るデータを含む一時ファイルにデータを追加しています。

  • Making temporary file (create) before replaying LOAD DATA INFILE

    スレッドは LOAD DATA ステートメントを実行し、レプリカが行を読み取るデータを含む一時ファイルを作成しています。 この状態は、元の LOAD DATA ステートメントが、MySQL 5.0.3 より前のバージョンの MySQL を実行しているソースによってログに記録された場合にのみ発生します。

  • Reading event from the relay log

    スレッドはイベントを処理できるように、イベントをリレーログから読み取りました。

  • Slave has read all relay log; waiting for more updates

    スレッドはリレーログファイル内のすべてのイベントを処理しており、現在 I/O スレッドが新しいイベントをリレーログに書き込むのを待機しています。

  • Waiting for an event from Coordinator

    マルチスレッドレプリカ (slave_parallel_workers が 1 より大きい) を使用して、レプリカワーカースレッドのいずれかがコーディネータスレッドからのイベントを待機しています。

  • Waiting for slave mutex on exit

    スレッド停止中に発生するきわめて短い状態。

  • Waiting for Slave Workers to free pending events

    この待機処理は、ワーカーが処理しているイベントの合計サイズが slave_pending_jobs_size_max システム変数のサイズを超えた場合に発生します。 サイズがこの制限を下回ると、コーディネータはスケジューリングを再開します。 この状態は、slave_parallel_workers が 0 より大きい値に設定されている場合にのみ発生します。

  • Waiting for the next event in relay log

    Reading event from the relay log の前の初期状態です。

  • Waiting until MASTER_DELAY seconds after master executed event

    SQL スレッドはイベントを読み取りましたが、レプリカ遅延の経過を待機しています。 この遅延は、CHANGE REPLICATION SOURCE TO ステートメント (MySQL 8.0.23 の場合) または CHANGE MASTER TO ステートメント (MySQL 8.0.23 の場合) の SOURCE_DELAY | MASTER_DELAY オプションを使用して設定します。

SQL スレッドの Info カラムには、ステートメントのテキストも表示される場合があります。 これは、スレッドがリレーログからイベントを読み取り、それからステートメントを抽出して、それを実行している可能性があることを示しています。