Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

8.10.2.6 キーキャッシュの再構築

キーキャッシュはそのパラメータ値を更新することで、いつでも再構築できます。 例:

mysql> SET GLOBAL cold_cache.key_buffer_size=4*1024*1024;

key_buffer_size または key_cache_block_size キーキャッシュコンポーネントにコンポーネントの現在の値とは異なる値を割り当てると、サーバーはキャッシュを破棄し、新しい値に基づいて新しい構造を作成します。 キャッシュにダーティーブロックが含まれる場合、サーバーはキャッシュを破棄し、再作成する前にディスクにそれらを保存します。 ほかのキーキャッシュパラメータを変更した場合は、再構築が行われません。

キーキャッシュを再構築する場合、サーバーはまずダーティーバッファーの内容をディスクにフラッシュします。 その後、キャッシュの内容は使用できなくなります。 しかし、再構築は、キャッシュに割り当てられたインデックスを使用する必要があるクエリーをブロックしません。 代わりに、サーバーはネイティブファイルシステムキャッシュを使用して、テーブルインデックスに直接アクセスします。 ファイルシステムキャッシュはキーキャッシュを使用するときほど効率的ではないため、クエリーが実行されても速度の低下が予想されます。 キャッシュが再構築されると、それに割り当てられたインデックスをキャッシュするためにふたたび使用できるようになり、インデックスのファイルシステムキャッシュの使用は停止されます。