Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

8.2.1.3 インデックスマージの最適化

インデックスマージアクセス方法では、複数の range スキャンを含む行が取得され、その結果が 1 つにマージされます。 このアクセス方法では、単一のテーブルからのみインデックススキャンがマージされ、複数のテーブルにわたるスキャンはマージされません。 このマージによって、その基盤となるスキャンの和集合、共通集合、または共通集合の和集合を生成できます。

インデックスマージを使用できるクエリーの例:

SELECT * FROM tbl_name WHERE key1 = 10 OR key2 = 20;

SELECT * FROM tbl_name
  WHERE (key1 = 10 OR key2 = 20) AND non_key = 30;

SELECT * FROM t1, t2
  WHERE (t1.key1 IN (1,2) OR t1.key2 LIKE 'value%')
  AND t2.key1 = t1.some_col;

SELECT * FROM t1, t2
  WHERE t1.key1 = 1
  AND (t2.key1 = t1.some_col OR t2.key2 = t1.some_col2);
注記

インデックスマージ最適化アルゴリズムには、次の既知の制限事項があります:

  • クエリーに深い AND/OR ネストを含む複雑な WHERE 句があり、MySQL が最適な計画を選択しない場合は、次のアイデンティティ変換を使用して用語を配布してみてください:

    (x AND y) OR z => (x OR z) AND (y OR z)
    (x OR y) AND z => (x AND z) OR (y AND z)
  • インデックスマージは全文インデックスには適用できません。

EXPLAIN 出力では、インデックスマージメソッドは type カラムに index_merge と表示されます。 この場合、key カラムには使用されたインデックスのリストが含まれ、key_len にはそれらのインデックスの最長のキーパートのリストが含まれます。

インデックスマージアクセス方法には、EXPLAIN 出力の Extra フィールドに表示されるいくつかのアルゴリズムがあります:

  • Using intersect(...)

  • Using union(...)

  • Using sort_union(...)

次の各セクションでは、これらのアルゴリズムについて詳しく説明します。 オプティマイザは、使用可能な様々なオプションのコスト見積りに基づいて、様々なインデックスマージアルゴリズムとその他のアクセス方法のいずれかを選択します。

インデックスマージ交差アクセスアルゴリズム

このアクセスアルゴリズムは、WHERE 句が AND と組み合された異なるキーの複数の範囲条件に変換され、各条件が次のいずれかである場合に適用されます:

  • この形式の N 部分式。インデックスには正確に N 部分が含まれます (つまり、すべてのインデックス部分が対象となります):

    key_part1 = const1 AND key_part2 = const2 ... AND key_partN = constN
  • InnoDB テーブルの主キーに対する範囲条件。

例:

SELECT * FROM innodb_table
  WHERE primary_key < 10 AND key_col1 = 20;

SELECT * FROM tbl_name
  WHERE key1_part1 = 1 AND key1_part2 = 2 AND key2 = 2;

インデックスマージ共通集合アルゴリズムは、使用されたすべてのインデックスの同時スキャンを実行し、マージされたインデックススキャンから受け取る行シーケンスの共通集合を生成します。

クエリーに使用されているすべてのカラムが、使用されるインデックスによってカバーされている場合、完全なテーブル行は取得されません (この場合、EXPLAIN 出力の Extra フィールドに Using index が含まれます)。 次はそのようなクエリーの例です。

SELECT COUNT(*) FROM t1 WHERE key1 = 1 AND key2 = 1;

使用されているインデックスがクエリーで使用されているすべてのカラムをカバーしているわけではない場合、使用されているすべてのキーの範囲条件が満たされている場合にのみ、行全体が取得されます。

マージされた条件のいずれかが InnoDB テーブルの主キーに対する条件である場合、行の取得には使用されませんが、他の条件を使用して取得された行を除外するために使用されます。

インデックスマージ結合アクセスアルゴリズム

このアルゴリズムの基準は、インデックスマージ交差アルゴリズムの基準と似ています。 このアルゴリズムは、テーブルの WHERE 句が OR と組み合された異なるキーの複数の範囲条件に変換され、各条件が次のいずれかである場合に適用されます:

  • この形式の N 部分式。インデックスには正確に N 部分が含まれます (つまり、すべてのインデックス部分が対象となります):

    key_part1 = const1 AND key_part2 = const2 ... AND key_partN = constN
  • InnoDB テーブルの主キーに対する範囲条件。

  • インデックスマージ交差アルゴリズムが適用可能な条件。

例:

SELECT * FROM t1
  WHERE key1 = 1 OR key2 = 2 OR key3 = 3;

SELECT * FROM innodb_table
  WHERE (key1 = 1 AND key2 = 2)
     OR (key3 = 'foo' AND key4 = 'bar') AND key5 = 5;
インデックスマージソート - ユニオンアクセスアルゴリズム

このアクセスアルゴリズムは、WHERE 句が OR で結合された複数の範囲条件に変換されるが、インデックスマージ結合アルゴリズムが適用できない場合に適用できます。

例:

SELECT * FROM tbl_name
  WHERE key_col1 < 10 OR key_col2 < 20;

SELECT * FROM tbl_name
  WHERE (key_col1 > 10 OR key_col2 = 20) AND nonkey_col = 30;

ソート和集合アルゴリズムと和集合アルゴリズムの違いは、ソート和集合アルゴリズムでは、行を返す前にまずすべての行の行 ID をフェッチし、それらをソートする必要があることです。

インデックスマージ最適化への影響

インデックスマージの使用は、optimizer_switch システム変数の index_merge, index_merge_intersection, index_merge_union および index_merge_sort_union フラグの値の影響を受けます。 セクション8.9.2「切り替え可能な最適化」を参照してください。 デフォルトでは、これらのフラグはすべて on です。 特定のアルゴリズムのみを有効にするには、index_mergeoff に設定し、許可される他のアルゴリズムのみを有効にします。

MySQL では、optimizer_switch システム変数を使用してインデックスマージアルゴリズムのセッション全体のオプティマイザ使用を制御することに加えて、オプティマイザヒントをサポートしてステートメントごとにオプティマイザに影響を与えます。 セクション8.9.3「オプティマイザヒント」を参照してください。