Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  ...  /  エラーイベントフィールド

このページは機械翻訳したものです。

5.4.2.3 エラーイベントフィールド

エラーログを対象としたエラーイベントには一連のフィールドが含まれ、各フィールドはキーと値のペアで構成されます。 イベントフィールドは、コア、オプションまたはユーザー定義に分類できます:

  • コアフィールドは、エラーイベントに対して自動的に設定されます。 ただし、すべてのタイプのフィールドと同様に、ログフィルタによってコアフィールドが設定解除される可能性があるため、イベント処理中のイベントでのその存在は保証されません。 これが発生した場合、そのフィルタ内の後続の処理およびフィルタの後に実行されるコンポーネント (ログシンクなど) によってフィールドが見つかりません。

  • オプションフィールドは通常は存在しませんが、特定のイベントタイプに存在する可能性があります。 オプションのフィールドが存在する場合は、必要に応じて追加のイベント情報が表示されます。

  • ユーザー定義フィールドは、コアフィールドまたはオプションフィールドとして定義されていない名前を持つ任意のフィールドです。 ユーザー定義フィールドは、ログフィルタによって作成されるまで存在しません。

前述の説明で示されているように、特定のフィールドは、最初の場所に存在しなかったか、フィルタによって破棄されたため、イベント処理中に存在しない可能性があります。 ログシンクの場合、フィールド休暇欠勤の効果はシンク固有です。 たとえば、シンクでログメッセージからフィールドを省略したり、フィールドが欠落していることを示したり、デフォルトを置き換えることができます。 疑いがある場合はテスト: フィールドの設定を解除するフィルタを使用してから、ログシンクで何が行われるかを確認します。

次の各セクションでは、コアおよびオプションのエラーイベントフィールドについて説明します。 個々のログフィルタコンポーネントについては、これらのフィールドにフィルタ固有の追加の考慮事項があるか、ここにリストされていないユーザー定義フィールドがフィルタによって追加される可能性があります。 詳細は、特定のフィルタのドキュメントを参照してください。

コアエラーイベントフィールド

次のエラーイベントフィールドはコアフィールドです:

  • time

    マイクロ秒精度のイベントタイムスタンプ。

  • msg

    イベントメッセージ文字列。

  • prio

    システム、エラー、警告またはノート/情報イベントを示すイベント優先度。 このフィールドは、syslog の重大度に対応します。 次のテーブルに、使用可能な優先度レベルを示します。

    イベントタイプ 数値の優先度
    システムイベント 0
    エラーイベント 1
    警告イベント 2
    ノート/情報イベント 3

    prio 値は数値です。 エラーイベントには、優先度を文字列として表すオプションの label フィールドが含まれる場合もあります。 たとえば、prio 値が 2 のイベントの label 値は'Warning'になります。

    フィルタコンポーネントには、優先度に基づいてエラーイベントを含めるか削除できますが、システムイベントは必須であり、削除できません。

    一般に、メッセージの優先度は次のように決定されます:

    状況またはイベントはアクション可能ですか。

    • はい: 状況またはイベントは無視できますか。

      • はい: 優先度は警告です。

      • いいえ: 優先度はエラーです。

    • いいえ: 状況またはイベントは必須ですか。

      • はい: 優先度は system です。

      • いいえ: 優先度はノート/情報です。

  • err_code

    数値としてのイベントエラーコード (1022 など)。

  • err_symbol

    文字列としてのイベントエラー記号 ('ER_DUP_KEY'など)。

  • SQL_state

    文字列としてのイベント SQLSTATE 値 ('23000'など)。

  • subsystem

    イベントが発生したサブシステム。 使用可能な値は、InnoDB (InnoDB ストレージエンジン)、Repl (レプリケーションサブシステム)、Server (それ以外) です。

オプションのエラーイベントフィールド

オプションのエラーイベントフィールドは、次のカテゴリに分類されます:

  • オペレーティングシステムによって通知されたエラーやエラーラベルなど、エラーに関する追加情報:

    • OS_errno

      オペレーティングシステムのエラー番号。

    • OS_errmsg

      オペレーティングシステムのエラーメッセージ。

    • label

      prio 値に対応するラベルを文字列として指定します。

  • イベントが発生したクライアントの識別:

    • user

      クライアントユーザー。

    • ホスト

      クライアントホスト。

    • スレッド

      エラーイベントの生成を担当する mysqld 内のスレッドの ID。 この ID は、サーバーのどの部分がイベントを生成したかを示し、一般クエリーログおよびスロークエリーログメッセージ (接続スレッド ID を含む) と一貫性があります。

    • query_id

      クエリー ID。

  • デバッグ情報:

    • source_file

      イベントが発生したソースファイル。先頭にパスはありません。

    • source_line

      イベントが発生したソースファイル内の行。

    • function

      イベントが発生した関数。

    • component

      イベントが発生したコンポーネントまたはプラグイン。