Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  ...  /  バージョントークンのインストールまたはアンインストール

このページは機械翻訳したものです。

5.6.6.2 バージョントークンのインストールまたはアンインストール

注記

インストールされている場合、バージョントークンには多少のオーバーヘッドが伴います。 このオーバーヘッドを回避するには、使用する予定がないかぎりインストールしないでください。

このセクションでは、プラグインおよびユーザー定義関数 (UDF) を含むプラグインライブラリファイルに実装されているバージョントークンをインストールまたはアンインストールする方法について説明します。 プラグインおよび UDF のインストールまたはアンインストールの一般情報は、セクション5.6.1「プラグインのインストールおよびアンインストール」 および セクション5.7.1「ユーザー定義関数のインストールおよびアンインストール」 を参照してください。

サーバーで使用できるようにするには、プラグインライブラリファイルを MySQL プラグインディレクトリ (plugin_dir システム変数で指定されたディレクトリ) に配置する必要があります。 必要に応じて、サーバーの起動時に plugin_dir の値を設定してプラグインディレクトリの場所を構成します。

プラグインライブラリファイルのベース名は version_tokens です。 ファイル名の接尾辞は、プラットフォームごとに異なります (たとえば、.so for Unix and Unix-like systems, .dll for Windows)。

バージョントークンプラグインおよび UDF をインストールするには、INSTALL PLUGIN および CREATE FUNCTION ステートメントを使用し、必要に応じてプラットフォームの .so 接尾辞を調整します:

INSTALL PLUGIN version_tokens SONAME 'version_token.so';
CREATE FUNCTION version_tokens_set RETURNS STRING
  SONAME 'version_token.so';
CREATE FUNCTION version_tokens_show RETURNS STRING
  SONAME 'version_token.so';
CREATE FUNCTION version_tokens_edit RETURNS STRING
  SONAME 'version_token.so';
CREATE FUNCTION version_tokens_delete RETURNS STRING
  SONAME 'version_token.so';
CREATE FUNCTION version_tokens_lock_shared RETURNS INT
  SONAME 'version_token.so';
CREATE FUNCTION version_tokens_lock_exclusive RETURNS INT
  SONAME 'version_token.so';
CREATE FUNCTION version_tokens_unlock RETURNS INT
  SONAME 'version_token.so';

サーバーバージョントークンリストを管理するには UDF をインストールする必要がありますが、UDF が正しく動作しないため、プラグインもインストールする必要があります。

レプリケーションソースサーバーでプラグインと UDF が使用されている場合は、レプリケーションの問題を回避するために、それらをすべてのレプリカサーバーにインストールします。

前述のようにインストールすると、プラグインと UDF はアンインストールされるまでインストールされたままになります。 これらを削除するには、UNINSTALL PLUGIN および DROP FUNCTION ステートメントを使用します:

UNINSTALL PLUGIN version_tokens;
DROP FUNCTION version_tokens_set;
DROP FUNCTION version_tokens_show;
DROP FUNCTION version_tokens_edit;
DROP FUNCTION version_tokens_delete;
DROP FUNCTION version_tokens_lock_shared;
DROP FUNCTION version_tokens_lock_exclusive;
DROP FUNCTION version_tokens_unlock;