Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

5.4.2 エラーログ

このセクションでは、エラーログに診断メッセージをロギングするように MySQL サーバーを構成する方法について説明します。 エラーメッセージの文字セットおよび言語の選択の詳細は、セクション10.6「エラーメッセージ文字セット」 および セクション10.12「エラーメッセージ言語の設定」 を参照してください。

エラーログには、mysqld の起動時間と停止時間の記録が含まれます。 また、サーバーの起動および停止中、およびサーバーの実行中に発生するエラー、警告、ノートなどの診断メッセージも含まれます。 たとえば、テーブルを自動的にチェックまたは修復する必要があることに mysqld が気付いた場合、エラーログにメッセージが書き込まれます。

エラーログの構成によっては、エラーメッセージがパフォーマンススキーマ error_log テーブルに移入され、ログに SQL インタフェースが提供され、その内容のクエリーが可能になる場合もあります。 セクション27.12.19.1「error_log テーブル」を参照してください。

一部のオペレーティングシステムでは、mysqld が異常終了すると、エラーログにスタックトレースが含まれます。 トレースを使用して、mysqld が終了した場所を判別できます。 セクション5.9「MySQL のデバッグ」を参照してください。

mysqld の起動に使用した場合、mysqld_safe はエラーログにメッセージを書き込むことがあります。 たとえば、mysqld_safe は異常な mysqld の終了に気付いた場合、mysqld を再起動し、mysqld restarted メッセージをエラーログに書き込みます。

次の各セクションでは、エラーロギングの構成について説明します。