Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  MySQL のインストールと更新  /  FreeBSD に MySQL をインストールする

2.8 FreeBSD に MySQL をインストールする

このセクションでは、FreeBSD Unix のバリアントへの MySQL のインストールに関する情報を提供します。

オラクルが提供するバイナリ配布を使用して、MySQL を FreeBSD にインストールできます。詳細については、セクション2.2「一般的なバイナリを使用した MySQL の Unix/Linux へのインストール」を参照してください。

MySQL のインストールでもっとも容易な (かつ推奨される) 方法は mysql-server ポートおよび mysql-client ポートを使用することです。それらは http://www.freebsd.org/ で入手できます。これらのポートを使用することで次のメリットがあります。

  • 使用している FreeBSD バージョンで動作することが知られている、すべての最適化を行なった実働可能な MySQL。

  • 自動構成およびビルド。

  • /usr/local/etc/rc.d にインストールされたスタートアップスクリプト。

  • どのファイルがインストールされているかを確認するための pkg_info -L の使用。

  • 使用しているマシンで MySQL が必要でなくなった場合にそれを削除できる pkg_delete の使用。

MySQL ビルドプロセスが機能するには GNU make (gmake) が必要です。GNU make が利用できない場合、MySQL をコンパイルする前にインストールする必要があります。

ポートシステムを使用してインストールするには:

# cd /usr/ports/databases/mysql51-server
# make
...
# cd /usr/ports/databases/mysql51-client
# make
...

標準ポートインストールでは、サーバーは /usr/local/libexec/mysqld に置かれ、MySQL Server のスタートアップスクリプトは /usr/local/etc/rc.d/mysql-server に置かれます。

BSD 実装に関する追加の注記:

  • ポートシステムを使用して MySQL をインストールしたあとに削除するには:

    # cd /usr/ports/databases/mysql51-server
    # make deinstall
    ...
    # cd /usr/ports/databases/mysql51-client
    # make deinstall
    ...
  • MySQL の現在の日付に問題がある場合には、TZ 変数の設定が役に立ちます。セクション2.12「環境変数」を参照してください。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
  Posted by Joe Howes on May 29, 2012
It is possible during the installation of the server port to get user creation errors, for example:

---------------------
===> Creating users and/or groups.
Creating group `mysql' with gid `88'.
Creating user `mysql' with uid `88'.
pw: user 'mysql' disappeared during update
*** Error code 67
---------------------

This is caused by your FreeBSD user database being out of sync. Sync it with:

pwd_mkdb -p /etc/master.passwd

And then make install again and make will continue from the failure point.

Solution found at http://markmail.org/message/xg4ei7jacglh3hu6.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.