Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  ネイティブソフトウェアリポジトリから MySQL を Linux にインストールする

2.5.7 ネイティブソフトウェアリポジトリから MySQL を Linux にインストールする

多くの Linux 配布は、ネイティブソフトウェアリポジトリの中に 1 つのバージョンの MySQL Server、クライアントツール、および開発コンポーネントを含み、プラットフォームの標準パッケージ管理システムでインストールできます。このセクションでは、これらのパッケージ管理システムを使用して MySQL をインストールするための基本的な手順を説明します。

重要

ネイティブパッケージは多くの場合、使用可能な最新のリリースから数バージョン遅れています。また、開発マイルストーンリリース (DMR) は、通常ネイティブリポジトリで使用可能にはならないため、これらをインストールすることも通常できません。次に進む前に、セクション2.5「Linux に MySQL をインストールする」に記述されているその他のインストールオプションを確認することが推奨されます。

配布固有の手順を次に示します。

  • Red Hat Linux、Fedora、CentOS

    注記

    EL5、EL6、または EL7 ベースの Linux プラットフォームおよび Fedora 20 または 21 では、プラットフォームのネイティブソフトウェアリポジトリの代わりに MySQL Yum リポジトリを使用して MySQL をインストールできます。詳細は、セクション2.5.1「MySQL Yum リポジトリを使用して MySQL を Linux にインストールする」 を参照してください。

    Red Hat および同様の配布では、MySQL 配布はいくつかの個別のパッケージ (クライアントツール用の mysql、サーバーおよび関連ツール用の mysql-server、およびライブラリ用の mysql-libs) にわかれています。Perl や Python など、異なる言語および環境からの接続性を提供する場合は、ライブラリは必須です。

    インストールするには、yum コマンドを使用してインストールするパッケージを指定します。例:

    root-shell> yum install mysql mysql-server mysql-libs mysql-server
    Loaded plugins: presto, refresh-packagekit
    Setting up Install Process
    Resolving Dependencies
    --> Running transaction check
    ---> Package mysql.x86_64 0:5.1.48-2.fc13 set to be updated
    ---> Package mysql-libs.x86_64 0:5.1.48-2.fc13 set to be updated
    ---> Package mysql-server.x86_64 0:5.1.48-2.fc13 set to be updated
    --> Processing Dependency: perl-DBD-MySQL for package: mysql-server-5.1.48-2.fc13.x86_64
    --> Running transaction check
    ---> Package perl-DBD-MySQL.x86_64 0:4.017-1.fc13 set to be updated
    --> Finished Dependency Resolution
    
    Dependencies Resolved
    
    ================================================================================
     Package               Arch          Version               Repository      Size
    ================================================================================
    Installing:
     mysql                 x86_64        5.1.48-2.fc13         updates        889 k
     mysql-libs            x86_64        5.1.48-2.fc13         updates        1.2 M
     mysql-server          x86_64        5.1.48-2.fc13         updates        8.1 M
    Installing for dependencies:
     perl-DBD-MySQL        x86_64        4.017-1.fc13          updates        136 k
    
    Transaction Summary
    ================================================================================
    Install       4 Package(s)
    Upgrade       0 Package(s)
    
    Total download size: 10 M
    Installed size: 30 M
    Is this ok [y/N]: y
    Downloading Packages:
    Setting up and reading Presto delta metadata
    Processing delta metadata
    Package(s) data still to download: 10 M
    (1/4): mysql-5.1.48-2.fc13.x86_64.rpm                    | 889 kB     00:04     
    (2/4): mysql-libs-5.1.48-2.fc13.x86_64.rpm               | 1.2 MB     00:06     
    (3/4): mysql-server-5.1.48-2.fc13.x86_64.rpm             | 8.1 MB     00:40     
    (4/4): perl-DBD-MySQL-4.017-1.fc13.x86_64.rpm            | 136 kB     00:00     
    --------------------------------------------------------------------------------
    Total                                           201 kB/s |  10 MB     00:52     
    Running rpm_check_debug
    Running Transaction Test
    Transaction Test Succeeded
    Running Transaction
      Installing     : mysql-libs-5.1.48-2.fc13.x86_64                          1/4 
      Installing     : mysql-5.1.48-2.fc13.x86_64                               2/4 
      Installing     : perl-DBD-MySQL-4.017-1.fc13.x86_64                       3/4 
      Installing     : mysql-server-5.1.48-2.fc13.x86_64                        4/4 
    
    Installed:
      mysql.x86_64 0:5.1.48-2.fc13            mysql-libs.x86_64 0:5.1.48-2.fc13    
      mysql-server.x86_64 0:5.1.48-2.fc13    
    
    Dependency Installed:
      perl-DBD-MySQL.x86_64 0:4.017-1.fc13                                          
    
    Complete!

    MySQL および MySQL Server はすでにインストールされています。サンプル構成ファイルは /etc/my.cnf にインストールされます。サーバーの起動および停止のための init スクリプトは、/etc/init.d/mysqld にインストールされています。MySQL Server の起動には service を使用します。

    root-shell> service mysqld start

    ブート中にサーバーを自動的に起動および停止できるようにするには、chkconfig を使用します。

    root-shell> chkconfig --levels 235 mysqld on

    これにより、MySQL Server が指定した実行レベルで自動的に起動 (および停止) されます。

    データベーステーブルがまだ存在していない場合は、自動的に作成されます。ただし、サーバーで mysql_secure_installation を実行して root のパスワードを設定してください。

  • Debian、Ubuntu、Kubuntu

    注記

    Debian 7、Ubuntu 12、および Ubuntu 14 では、プラットフォームのネイティブソフトウェアリポジトリの代わりに MySQL APT リポジトリを使用して MySQL をインストールできます。詳細は、セクション2.5.3「MySQL APT リポジトリを使用して MySQL を Linux にインストールする」 を参照してください。

    Debian および関連する配布では、ソフトウェアリポジトリに MySQL のパッケージが mysql-clientmysql-server の 2 つあります。それぞれクライアントコンポーネントとサーバーコンポーネントです。希望するバージョンの MySQL を確実にインストールするため、mysql-client-5.1 のように明示的にバージョンを指定するとよいでしょう。

    依存関係を含めてダウンロードしてインストールするには、インストールするパッケージを指定して apt-get コマンドを使用します。

    注記

    入手可能な最新バージョンを確実にダウンロードするために、インストールの前に apt-get インデックスファイルを更新してください。

    MySQL パッケージのサンプルインストールは次のようになります (わかりやすくするため一部のセクションは省略しています)。

    root-shell> apt-get install mysql-client-5.1 mysql-server-5.1
    Reading package lists... Done
    Building dependency tree       
    Reading state information... Done
    The following packages were automatically installed and are no longer required:
      linux-headers-2.6.28-11 linux-headers-2.6.28-11-generic
    Use 'apt-get autoremove' to remove them.
    The following extra packages will be installed:
      bsd-mailx libdbd-mysql-perl libdbi-perl libhtml-template-perl
      libmysqlclient15off libmysqlclient16 libnet-daemon-perl libplrpc-perl mailx
      mysql-common postfix
    Suggested packages:
      dbishell libipc-sharedcache-perl tinyca procmail postfix-mysql postfix-pgsql
      postfix-ldap postfix-pcre sasl2-bin resolvconf postfix-cdb
    The following NEW packages will be installed
      bsd-mailx libdbd-mysql-perl libdbi-perl libhtml-template-perl
      libmysqlclient15off libmysqlclient16 libnet-daemon-perl libplrpc-perl mailx
      mysql-client-5.1 mysql-common mysql-server-5.1 postfix
    0 upgraded, 13 newly installed, 0 to remove and 182 not upgraded.
    Need to get 1907kB/25.3MB of archives.
    After this operation, 59.5MB of additional disk space will be used.
    Do you want to continue [Y/n]? Y
    Get: 1 http://gb.archive.ubuntu.com jaunty-updates/main mysql-common 5.1.30really5.0.75-0ubuntu10.5 [63.6kB]
    Get: 2 http://gb.archive.ubuntu.com jaunty-updates/main libmysqlclient15off 5.1.30really5.0.75-0ubuntu10.5 [1843kB]
    Fetched 1907kB in 9s (205kB/s)                                                 
    Preconfiguring packages ...
    Selecting previously deselected package mysql-common.
    (Reading database ... 121260 files and directories currently installed.)
    ...
    Processing 1 added doc-base file(s)...
    Registering documents with scrollkeeper...
    Setting up libnet-daemon-perl (0.43-1) ...
    Setting up libplrpc-perl (0.2020-1) ...
    Setting up libdbi-perl (1.607-1) ...
    Setting up libmysqlclient15off (5.1.30really5.0.75-0ubuntu10.5) ...
    
    Setting up libdbd-mysql-perl (4.008-1) ...
    Setting up libmysqlclient16 (5.1.31-1ubuntu2) ...
    
    Setting up mysql-client-5.1 (5.1.31-1ubuntu2) ...
    
    Setting up mysql-server-5.1 (5.1.31-1ubuntu2) ...
     * Stopping MySQL database server mysqld
       ...done.
    100825 11:46:15  InnoDB: Started; log sequence number 0 46409
    100825 11:46:15  InnoDB: Starting shutdown...
    100825 11:46:17  InnoDB: Shutdown completed; log sequence number 0 46409
    100825 11:46:17 [Warning] Forcing shutdown of 1 plugins
     * Starting MySQL database server mysqld
       ...done.
     * Checking for corrupt, not cleanly closed and upgrade needing tables.
    ...
    Processing triggers for libc6 ...
    ldconfig deferred processing now taking place
    注記

    apt-get コマンドは、典型的なツールおよびアプリケーション環境を提供するために、MySQL Server をはじめとするいくつかのパッケージをインストールします。これは、メインの MySQL パッケージに加えて多数のパッケージをインストールするということを意味します。

    インストール中、初期データベースが作成され、MySQL root のパスワード (および確認) を求められます。構成ファイルが /etc/mysql/my.cnf に作成されています。init スクリプトが /etc/init.d/mysql に作成されています。

    サーバーはすでに起動されています。次を使用してサーバーを自動的に起動および停止できます。

    root-shell> service mysql [start|stop]

    このサービスは自動的に 2、3、および 4 の実行レベルに追加され、stop スクリプトは単独のシャットダウンおよび再起動レベルにあります。

  • Gentoo Linux

    ソースベースの配布として、Gentoo への MySQL のインストールには、ソースのダウンロード、Gentoo 固有のパッチの適用、および MySQL Server のコンパイルとインストールが含まれます。このプロセスは、emerge コマンドにより自動的に処理されます。インストールする MySQL のバージョンによっては、選択したプラットフォームの固有のバージョンをマスク解除する必要がある場合があります。

    MySQL Server およびクライアントツールは、単一のパッケージ dev-db/mysql で提供されます。インストールに使用できるバージョンのリストは、パッケージの portage ディレクトリを見ることで取得できます。

    root-shell> ls /usr/portage/dev-db/mysql/mysql-5.1*
    mysql-5.1.39-r1.ebuild
    mysql-5.1.44-r1.ebuild
    mysql-5.1.44-r2.ebuild
    mysql-5.1.44-r3.ebuild
    mysql-5.1.44.ebuild
    mysql-5.1.45-r1.ebuild
    mysql-5.1.45.ebuild
    mysql-5.1.46.ebuild

    特定の MySQL バージョンをインストールするには、アトム全体を指定する必要があります。例:

    root-shell> emerge =dev-db/mysql-5.1.46

    より簡単な方法は、virtual/mysql-5.1 パッケージを使用することで、最新のバージョンがインストールされます。

    root-shell> emerge =virtual/mysql-5.1

    パッケージが (現在のプラットフォームに対してテストまたは認証されていないため) マスクされている場合は、ACCEPT_KEYWORDS 環境変数を使用します。例:

    root-shell> ACCEPT_KEYWORDS="~x86" emerge =virtual/mysql-5.1

    インストール後、mysql_install_db を使用して新規データベースを作成し、MySQL の root ユーザーのパスワードを設定してください。構成インタフェースを使用してパスワードを設定し、初期データベースを作成できます。

    root-shell> emerge --config =dev-db/mysql-5.1.46

    サンプル構成ファイルが、自動的に /etc/mysql/my.cnf に作成され、init スクリプトが /etc/init.d/mysql に作成されています。

    MySQL を、通常の (デフォルト) 実行レベルで自動的に起動できるようにするには、次を使用できます。

    root-shell> rc-update add mysql default

User Comments
  Posted by David PROVOST on February 24, 2012
This is a MySQL 5.5 doc, explaining how to install MySQL 5.1 from "updates" repo on Centos-like distro. Easy.
Is there an alternative repo that you would recommand for 5.5 installation ?
  Posted by Nir Sagiv on December 3, 2012
  Posted by David Biesack on December 12, 2013
If you install a specific version such as MySQL 5.5 (via yum on RHEL, for example), the commands may be different:

yum install mysql55-mysql.x86_64 mysql55-mysql-server.x86_64

Do yum search mysql to see what packages are available.
Doing yum install mysql may install an older version, such as 5.0

Also, the command to start/stop the server may differ based on the package installed. For example if installing mysql55-mysql-server.x86_64 the server control command will be:

/etc/init.d/mysql55-mysqld status
/etc/init.d/mysql55-mysqld start
/etc/init.d/mysql55-mysqld stop
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.