Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


2.3.7 Windows 上の MySQL をアップグレードする

Windows 上の MySQL をアップグレードするには、次の手順に従います。

  1. セクション2.11.1「MySQL のアップグレード」 の、Windows に特化しない MySQL のアップグレードに関する詳細を参照してください。

  2. アップグレードを実行する前に、必ず現在の MySQL インストールをバックアップしてください。セクション7.2「データベースバックアップ方法」を参照してください。

  3. MySQL の最新の Windows 配布を https://dev.mysql.com/downloads/ からダウンロードします。

  4. MySQL をアップグレードする前に、サーバーを停止します。サーバーをサービスとしてインストールしている場合は、コマンドプロンプトから次のコマンドでサービスを停止します。

    C:\> NET STOP MySQL

    MySQL Server をサービスとして実行していない場合は、mysqladmin を使用して停止します。たとえば、MySQL 5.5 から 5.6 にアップグレードする前に、mysqladmin を MySQL 5.5 から次のように使用します。

    C:\> "C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 5.5\bin\mysqladmin" -u root shutdown
    注記

    MySQL の root ユーザーアカウントにパスワードが設定されている場合は、mysqladmin-p オプションを使って起動し、要求されたらパスワードを入力します。

  5. MySQL 4.1.5 より前のバージョンから 5.6 へのアップグレード、または Zip アーカイブからインストールされた MySQL のバージョンから MySQL Installation Wizard でインストールされる MySQL のバージョンへのアップグレードの場合は、その前にまず手動で以前のインストールおよび MySQL サービス (サーバーがサービスとしてインストールされている場合) を削除しなければなりません。

    MySQL サービスを削除するには次のコマンドを使用します。

    C:\> C:\mysql\bin\mysqld --remove

    既存のサービスを削除しないと、MySQL Installation Wizard は新しい MySQL サービスを適切にインストールできない場合があります。

  6. MySQL Installer を使用する場合は、セクション2.3.3「MySQL Installer を使用した MySQL の Microsoft Windows へのインストール」 の説明に従って起動します。

  7. MySQL を Zip アーカイブからアップグレードする場合は、アーカイブを抽出します。既存の MySQL のインストールを上書きする (通常 C:\mysql にあります) か、あるいは C:\mysql5 などの異なるディレクトリにインストールします。既存のインストールの上書きをお勧めしています。しかし、(はじめてインストールする場合に対して) アップグレードの場合は、現在のデータファイルが置換されるのを避けるため、既存の MySQL インストールからデータディレクトリを削除しなければなりません。そのためには、次の手順に従います。

    1. Zip アーカイブを、現在の MySQL インストールとは別の場所に解凍します。

    2. データディレクトリを削除します。

    3. Zip アーカイブを再圧縮します。

    4. 変更した Zip アーカイブを既存のインストールの上に解凍します。

    別の方法

    1. Zip アーカイブを、現在の MySQL インストールとは別の場所に解凍します。

    2. データディレクトリを削除します。

    3. データディレクトリを、現在の MySQL インストールから今削除したデータディレクトリに移動します。

    4. 現在の MySQL インストールを削除します。

    5. 解凍したインストールを今削除したインストールの場所に移動します。

  8. MySQL を Windows のサービスとして使用していて、この手順で以前にサービスを削除した場合は、サービスを再インストールします。(セクション2.3.5.7「Windows のサービスとして MySQL を起動する」 を参照してください。)

  9. サーバーを再起動します。MySQL をサービスとして使用している場合は NET START MySQL などを使用するか、あるいは mysqld を直接実行します。

  10. 管理者として mysql_upgrade を実行してテーブルをチェックし、必要に応じて修復を試み、付与テーブルが変更されている場合は更新して新機能を利用できるようにします。セクション4.4.7「mysql_upgrade — MySQL テーブルのチェックとアップグレード」を参照してください。

  11. エラーが発生する場合は セクション2.3.6「Microsoft Windows MySQL Server インストールのトラブルシューティング」 を参照します。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
  Posted by 庭豐 石 on November 7, 2013
Point 5 in this article implies that when upgrading from 5.1 to 5.5, we need to uninstall MySQL Server 5.1 first. That is, we cannot run installer for 5.5 and expect it to *upgrade* installed version 5.1 to 5.5.

To those who want to remove my comment, read the following first:
Please refer to
http://docs.oracle.com/cd/E17952_01/refman-5.1-en/windows-install-wizard.html#mysql-install-wizard-upgrading
In section 2.3.3.1.6 of that article, please pay attention to the 2nd paragraph that I include here below:
Automatic upgrades are available only when upgrading between installations that have the *same major and minor version numbers*. For example, you can upgrade automatically from MySQL 5.1.5 to MySQL 5.1.6, but not from MySQL 5.0 to MySQL 5.1.

As a matter of fact, I have MySQL 5.1.30 in a test computer. I run MySQL 5.5 setup WITHOUT previously uninstalling 5.1. Result: both versions are displayed in "Add/Remove Program" applet (and the new server is not using old data, but this is another topic)