Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  MySQL Yum リポジトリを使用して MySQL を Linux にインストールする

2.5.1 MySQL Yum リポジトリを使用して MySQL を Linux にインストールする

MySQL は、Yum スタイルのソフトウェアリポジトリを次の Linux プラットフォームで提供します。

  • EL5、EL6、および EL7 ベースのプラットフォーム (Red Hat Enterprise Linux、Oracle Linux、および CentOS の対応するバージョンなど)

  • Fedora 20 および 21

現在、前述のプラットフォームの MySQL Yum リポジトリ は、MySQL Server、クライアント、MySQL Workbench、MySQL Utilities (EL5 ベースのプラットフォームでは利用できません)、Connector/ODBC、および Connector/Python (EL5 ベースのプラットフォームでは利用できません) をインストールするための RPM パッケージを提供しています。

開始する前に

MySQL は、広く使用されるオープンソースのソフトウェアとして、オリジナルの形式または再パッケージされた形式で、さまざまなダウンロードサイトやソフトウェアリポジトリなどのさまざまなソースから、多くのシステムに広くインストールされています。次の説明では、システムには (オラクルまたはそれ以外から配布される) どのバージョンの MySQL もインストールされていないことを前提とします。そうでない場合は、セクション2.11.1.1「MySQL Yum リポジトリを使用する MySQL のアップグレード」またはセクション2.5.2「サードパーティーの MySQL 配布を MySQL Yum リポジトリを使用して置換する」を参照してください。

MySQL のインストールを最初から実行する手順

MySQL の最新の GA バージョンを MySQL Yum リポジトリでインストールするには、次の手順に従ってください。

  1. MySQL Yum リポジトリの追加

    まず、MySQL Yum リポジトリをシステムのリポジトリリストに追加します。この操作は一度だけ必要で、MySQL が提供する RPM をインストールすることで実行できます。次の手順に従います。

    1. MySQL Developer Zone の「Download MySQL Yum Repository」ページ (http://dev.mysql.com/downloads/repo/yum/) に移動します。

    2. 使用しているプラットフォーム用のリリースパッケージを選択してダウンロードします。

    3. ダウンロードしたリリースパッケージを、次のコマンドでインストールします (EL5 ベースのシステムを除きます)。このとき、platform-and-version-specific-package-name をダウンロードした RPM パッケージの名前に変更します。

      shell> sudo yum localinstall platform-and-version-specific-package-name.rpm
      

      EL6 ベースのシステムでは、コマンドは次の形式です。

      shell> sudo yum localinstall mysql-community-release-el6-{version-number}.noarch.rpm  
      

      EL7 ベースのシステムの場合:

      shell> sudo yum localinstall mysql-community-release-el7-{version-number}.noarch.rpm  
      

      Fedora 20 の場合:

      shell> sudo yum localinstall mysql-community-release-fc20-{version-number}.noarch.rpm
      

      Fedora 21 の場合:

      shell> sudo yum localinstall mysql-community-release-fc21-{version-number}.noarch.rpm
      

      EL5 ベースのシステムでは、代わりに次のコマンドを使用します。

      shell> sudo rpm -Uvh mysql-community-release-el5-{version-number}.noarch.rpm
      

      インストールコマンドにより、MySQL Yum リポジトリがシステムのリポジトリリストに追加され、ソフトウェアパッケージの完全性をチェックするために GnuPG 鍵がダウンロードされます。GnuPG 鍵チェックの詳細は、セクション2.1.4.2「GnuPG を使用した署名確認」を参照してください。

      MySQL Yum リポジトリが正常に追加されたことは、次のコマンドでチェックできます。

      shell> yum repolist enabled | grep "mysql.*-community.*"
      

    注記

    システムで MySQL Yum リポジトリが有効になると、yum update コマンドによるシステム全体の更新によって、システム上の MySQL パッケージがアップグレードされ、ネイティブのサードパーティーパッケージがある場合は、Yum が MySQL Yum リポジトリ中に代替を検索できればそれらで置換されます。セクション2.11.1.1「MySQL Yum リポジトリを使用する MySQL のアップグレード」を参照してください。また、システムへの影響の可能性に関する議論については、Upgrading to the Shared Client Librariesを参照してください。

  2. リリースシリーズの選択

    注記

    MySQL Yum リポジトリを使用する場合、インストールにはデフォルトで MySQL の最新の GA リリースが選択されます。それでよい場合は、次の手順のYum での MySQL のインストールに進んでください。

    MySQL Yum リポジトリ内では、MySQL Community Server の異なるリリースシリーズが、異なるサブリポジトリにホストされています。最新の GA シリーズ (現在は 5.6) のサブリポジトリは デフォルトで有効であり、その他のすべてのシリーズ (たとえば、現在まだデベロッパマイルストーンリリース (DMR) ステータスの 5.7 シリーズなど) のサブリポジトリはデフォルトで無効です。次のコマンドを使用して、MySQL Yum リポジトリのすべてのサブリポジトリを表示し、どれが有効でどれが無効かを確認します。

    shell> yum repolist all | grep mysql
    

    最新の GA シリーズの最新のリリースをインストールする場合は、構成は不要です。最新の GA シリーズ以外の特定のシリーズの最新リリースをインストールするには、インストールコマンドを実行する前に、最新の GA シリーズのサブリポジトリを無効にし、その特定のシリーズのサブリポジトリを有効にします。使用しているプラットフォームで yum-config-manager がサポートされている場合は、次のコマンドを発行することで実行できます。このコマンドは、5.6 シリーズのサブリポジトリを無効にし、5.7 シリーズのサブリポジトリを有効にします。

    shell> sudo yum-config-manager --disable mysql56-community
    shell> sudo yum-config-manager --enable mysql57-community-dmr
    

    yum-config-manager を使用する以外に、/etc/yum.repos.d/mysql-community.repo ファイルを手動で編集してリリースシリーズを選択することもできます。ファイル内の、リリースシリーズのサブリポジトリの典型的なエントリを次に示します。

    # Enable to use MySQL 5.6
    [mysql56-community]
    name=MySQL 5.6 Community Server
    baseurl=//repo.mysql.com/yum/mysql-5.6-community/el/5/$basearch/
    enabled=1
    gpgcheck=1
    gpgkey=file:/etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysql 

    構成したいサブリポジトリのエントリを探し、enabled オプションを編集します。enabled=0 を指定してサブリポジトリを無効にするか、enabled=1 を指定してサブリポジトリを有効にします。たとえば、最新の 5.7 DMR をインストールするには、前述の MySQL 5.6 のサブリポジトリのエントリを enabled=0 に設定し、5.7 シリーズのエントリを enabled=1 にしたことを確認します。

    # Note: MySQL 5.7 is currently in development. For use at your own risk.
    # Please read with sub pages: https://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.7/en/
    [mysql57-community-dmr]
    name=MySQL 5.7 Community Server Development Milestone Release
    baseurl=http://repo.mysql.com/yum/mysql-5.7-community/el/6/$basearch/
    enabled=1
    gpgcheck=1
    gpgkey=file:/etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysql
    

    一度に有効にするサブリポジトリは、 1 つのリリースシリーズのもののみにしてください。複数のリリースシリーズのサブリポジトリが有効になっている場合は、Yum はもっとも新しいシリーズを使用します。

    次のコマンドを実行して出力をチェックして、サブリポジトリが正しく有効または無効にされていることを確認します。

    shell> yum repolist enabled | grep mysql
    

  3. Yum での MySQL のインストール

    次のコマンドで MySQL をインストールします。

    shell> sudo yum install mysql-community-server 
    

    これにより、MySQL Server (mysql-community-server)、クライアントのパッケージ (mysql-community-client)、クライアントとサーバー用の一般的なエラーメッセージと文字セット (mysql-community-common)、および共有クライアントライブラリ (mysql-community-libs) など、サーバーを実行するために必要なコンポーネントのパッケージがインストールされます。

  4. MySQL サーバーの起動と停止

    次のコマンドで MySQL Server を起動します。

    shell> sudo service mysqld start

    前述のコマンドの出力例を次に示します。

    Starting mysqld:[ OK ]

    次のコマンドで MySQL Server のステータスをチェックできます。

    shell> sudo service mysqld status

    前述のコマンドの出力例を次に示します。

    mysqld (pid 3066) is running.

    次のコマンドで MySQL Server を停止します。

    shell> sudo service mysqld stop

  5. MySQL インストールのセキュリティー設定

    プログラム mysql_secure_installation を使用すると、ルートパスワードの設定、匿名ユーザーの削除など、重要な操作を実行できます。必ず実行して MySQL インストールをセキュアにしてください。

    shell> mysql_secure_installation

    設定したルートパスワードを記憶しておくことが重要です。詳細は、セクション4.4.5「mysql_secure_installation — MySQL インストールのセキュリティー改善」を参照してください。

インストール後の手順については、セクション2.10「インストール後のセットアップとテスト」を参照してください。

注記

EL7 ベースのプラットフォームの互換性情報: プラットフォームのネイティブソフトウェアリポジトリからの次の RPM パッケージは、MySQL Server をインストールする MySQL Yum リポジトリからのパッケージとは互換性がありません。MySQL Yum リポジトリを使用して MySQL をインストールすると、これらのパッケージはインストールできなくなります (その逆も同様です)。

  • akonadi-mysql

  • ocsinventory

追加の MySQL 製品およびコンポーネントの Yum でのインストール

Yum を使用して、MySQL の個々のコンポーネントのインストールおよび管理を実行できます。これらのコンポーネントの一部は、MySQL Yum リポジトリのサブリポジトリにホストされています。たとえば、MySQL Connectors は MySQL Connectors Community サブリポジトリ、MySQL Workbench は MySQL Tools Community にあります。 次のコマンドを使用して、使用しているプラットフォームで、MySQL Yum リポジトリから使用可能な MySQL コンポーネントのすべてのパッケージをリストできます。

shell> sudo yum --disablerepo=\* --enablerepo='mysql*-community*' list available

次のコマンドで package-name をパッケージ名に置換して、任意のパッケージをインストールします。

shell> sudo yum install package-name 

たとえば MySQL Workbench をインストールするには:

shell> sudo yum install mysql-workbench-community

共有クライアントライブラリをインストールするには:

shell> sudo yum install mysql-community-libs

Yum での MySQL の更新

インストールのほかに、MySQL 製品およびコンポーネントの更新も、MySQL Yum リポジトリを使用して実行できます。詳細は、セクション2.11.1.1「MySQL Yum リポジトリを使用する MySQL のアップグレード」を参照してください。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.