Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


2.12 環境変数

このセクションでは、MySQL で直接的あるいは間接的に使用されるすべての環境変数について説明します。これらの多くは本ドキュメントの別の場所にもあります。

コマンド行のどのようなオプションも、オプションファイルおよび環境変数で指定された値に優先し、オプションファイルの値は環境変数の値に優先することにご留意ください。

多くの場合、MySQL の動作を変更するには、環境変数ではなくオプションファイルを使用する方が好ましいといえます。セクション4.2.6「オプションファイルの使用」を参照してください。

変数 説明
CXX C++ コンパイラの名前 (CMake 実行用)。
CC C コンパイラの名前 (CMake 実行用)。
DBI_USER Perl DBI のデフォルトユーザー名。
DBI_TRACE Perl DBI のトレースオプション。
HOME mysql 履歴ファイルのデフォルトのパスは $HOME/.mysql_history です。
LD_RUN_PATH libmysqlclient.so のロケーション指定に使用。
LIBMYSQL_ENABLE_CLEARTEXT_PLUGIN mysql_clear_password 認証プラグインを有効化。セクション6.3.8.7「クライアント側のクリアテキスト認証プラグイン」を参照してください。
LIBMYSQL_PLUGIN_DIR クライアントプラグインを検索するディレクトリ。
LIBMYSQL_PLUGINS プリロードするクライアントプラグイン。
MYSQL_DEBUG デバッグ中のデバッグトレースオプション。
MYSQL_GROUP_SUFFIX オプショングループのサフィクスの値 (--defaults-group-suffix などの指定)。
MYSQL_HISTFILE mysql 履歴ファイルへのパス。この変数を設定すると、その値は $HOME/.mysql_history のデフォルトをオーバーライドします。
MYSQL_HISTIGNORE $HOME/.mysql_history にログ記録しないステートメントを指定するパターン。
MYSQL_HOME サーバー固有の my.cnf ファイルが存在するディレクトリへのパス。
MYSQL_HOST mysql コマンド行クライアントが使用するデフォルトのホスト名。
MYSQL_PS1 mysql コマンド行クライアントで使用するコマンドプロンプト。
MYSQL_PWD mysqld に接続する際のデフォルトのパスワード。これを使用することはセキュアではありません。セクション6.1.2.1「パスワードセキュリティーのためのエンドユーザーガイドライン」を参照してください。
MYSQL_TCP_PORT デフォルトの TCP/IP ポート番号。
MYSQL_TEST_LOGIN_FILE .mylogin.cnf ログインファイルの名前。
MYSQL_UNIX_PORT localhost への接続に使用される、デフォルトの Unix ソケットファイル名。
PATH シェルが MySQL プログラムの検索に使用します。
TMPDIR 一時ファイルが作成されるディレクトリ。
TZ ローカルタイムゾーンに設定するようにしてください。セクションB.5.4.6「タイムゾーンの問題」を参照してください。
UMASK ファイルを作成する際のユーザーファイル作成モード。表のあとにある注釈を参照してください。
UMASK_DIR ディレクトリを作成する際のユーザーディレクトリ作成モード。表のあとにある注釈を参照してください。
USER mysqld に接続する際の Windows のデフォルトのユーザー名。

mysql の履歴ファイルの詳細は、セクション4.5.1.3「mysql のロギング」を参照してください。

MYSQL_TEST_LOGIN_FILE は、ログインファイル (mysql_config_editor によって作成されるファイル) のパス名です。設定されていない場合、デフォルト値は Windows では %APPDATA%\MySQL\.mylogin.cnf ディレクトリ、Windows 以外のシステムでは $HOME/.mylogin.cnf です。セクション4.6.6「mysql_config_editor — MySQL 構成ユーティリティー」を参照してください。

UMASK 変数および UMASK_DIR 変数は、その名前にもかかわらず、マスクではなくモードとして使用されます。

  • UMASK が設定されている場合、mysqld($UMASK | 0600) をファイル作成のモードとして使用し、新しく作成されるファイルのモードは 0600 から 0666 の範囲になります (すべて 8 進数の値)。

  • UMASK_DIR が設定されている場合、mysqld($UMASK_DIR | 0700) をディレクトリ作成のベースモードとして使用し、次に ~(~$UMASK & 0666) との AND が取られます。そのため新しく作成されるファイルのモードは 0700 から 0777 の範囲になります (すべて 8 進数の値)。AND 演算によってディレクトリモードから読み取り/書き込み権が削除されることがありますが、実行権が削除されることはありません。

MySQL では、UMASK または UMASK_DIR の値がゼロで始まる場合、その値は 8 進数と見なされます。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.