Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  ...  /  ウィンドウ機能の制限事項

このページは機械翻訳したものです。

12.21.5 ウィンドウ機能の制限事項

SQL 標準では、UPDATE ステートメントまたは DELETE ステートメントで行を更新するために使用できないという制約がウィンドウ関数に課されます。 このような関数は、これらのステートメントのサブクエリーで (行を選択するために) 使用できます。

MySQL では、次のウィンドウ機能はサポートされていません:

  • 集計ウィンドウ関数の DISTINCT 構文。

  • ネストされたウィンドウ関数。

  • 現在の行の値に依存する動的フレームエンドポイント。

パーサーは、サポートされていない次のウィンドウ構成を認識します:

  • GROUPS フレーム単位指定子は解析されますが、エラーが発生します。 ROWS および RANGE のみがサポートされます。

  • フレーム指定の EXCLUDE 句は解析されますが、エラーが発生します。

  • IGNORE NULLS は解析されますが、エラーが発生します。 RESPECT NULLS のみがサポートされています。

  • FROM LAST は解析されますが、エラーが発生します。 FROM FIRST のみがサポートされています。