Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  ...  /  JSON 値属性を返す関数

このページは機械翻訳したものです。

12.18.5 JSON 値属性を返す関数

このセクションの関数は、JSON 値の属性を戻します。

  • JSON_DEPTH(json_doc)

    JSON ドキュメントの最大深度を返します。 引数が NULL の場合、NULL を返します。 引数が有効な JSON ドキュメントでない場合は、エラーが発生します。

    空の配列、空のオブジェクトまたはスカラー値の深さは 1 です。 深さ 1 の要素のみを含む空でない配列、または深さ 1 のメンバー値のみを含む空でないオブジェクトは深さ 2 です。 それ以外の場合、JSON ドキュメントの深さは 2 より大きくなります。

    mysql> SELECT JSON_DEPTH('{}'), JSON_DEPTH('[]'), JSON_DEPTH('true');
    +------------------+------------------+--------------------+
    | JSON_DEPTH('{}') | JSON_DEPTH('[]') | JSON_DEPTH('true') |
    +------------------+------------------+--------------------+
    |                1 |                1 |                  1 |
    +------------------+------------------+--------------------+
    mysql> SELECT JSON_DEPTH('[10, 20]'), JSON_DEPTH('[[], {}]');
    +------------------------+------------------------+
    | JSON_DEPTH('[10, 20]') | JSON_DEPTH('[[], {}]') |
    +------------------------+------------------------+
    |                      2 |                      2 |
    +------------------------+------------------------+
    mysql> SELECT JSON_DEPTH('[10, {"a": 20}]');
    +-------------------------------+
    | JSON_DEPTH('[10, {"a": 20}]') |
    +-------------------------------+
    |                             3 |
    +-------------------------------+
  • JSON_LENGTH(json_doc[, path])

    JSON ドキュメントの長さを戻します。path 引数が指定されている場合は、パスで識別されるドキュメント内の値の長さを戻します。 いずれかの引数が NULL の場合、または path 引数がドキュメント内の値を識別しない場合、NULL を返します。 json_doc 引数が有効な JSON ドキュメントでないか、path 引数が有効なパス式でないか、* または ** ワイルドカードが含まれている場合、エラーが発生します。

    ドキュメントの長さは次のように決定されます:

    • スカラーの長さは 1 です。

    • 配列の長さは配列要素の数です。

    • オブジェクトの長さは、オブジェクトメンバーの数です。

    • 長さは、ネストされた配列またはオブジェクトの長さをカウントしません。

    mysql> SELECT JSON_LENGTH('[1, 2, {"a": 3}]');
    +---------------------------------+
    | JSON_LENGTH('[1, 2, {"a": 3}]') |
    +---------------------------------+
    |                               3 |
    +---------------------------------+
    mysql> SELECT JSON_LENGTH('{"a": 1, "b": {"c": 30}}');
    +-----------------------------------------+
    | JSON_LENGTH('{"a": 1, "b": {"c": 30}}') |
    +-----------------------------------------+
    |                                       2 |
    +-----------------------------------------+
    mysql> SELECT JSON_LENGTH('{"a": 1, "b": {"c": 30}}', '$.b');
    +------------------------------------------------+
    | JSON_LENGTH('{"a": 1, "b": {"c": 30}}', '$.b') |
    +------------------------------------------------+
    |                                              1 |
    +------------------------------------------------+
  • JSON_TYPE(json_val)

    JSON 値のタイプを示す utf8mb4 文字列を返します。 次に示すように、オブジェクト型、配列型またはスカラー型を指定できます:

    mysql> SET @j = '{"a": [10, true]}';
    mysql> SELECT JSON_TYPE(@j);
    +---------------+
    | JSON_TYPE(@j) |
    +---------------+
    | OBJECT        |
    +---------------+
    mysql> SELECT JSON_TYPE(JSON_EXTRACT(@j, '$.a'));
    +------------------------------------+
    | JSON_TYPE(JSON_EXTRACT(@j, '$.a')) |
    +------------------------------------+
    | ARRAY                              |
    +------------------------------------+
    mysql> SELECT JSON_TYPE(JSON_EXTRACT(@j, '$.a[0]'));
    +---------------------------------------+
    | JSON_TYPE(JSON_EXTRACT(@j, '$.a[0]')) |
    +---------------------------------------+
    | INTEGER                               |
    +---------------------------------------+
    mysql> SELECT JSON_TYPE(JSON_EXTRACT(@j, '$.a[1]'));
    +---------------------------------------+
    | JSON_TYPE(JSON_EXTRACT(@j, '$.a[1]')) |
    +---------------------------------------+
    | BOOLEAN                               |
    +---------------------------------------+

    引数が NULL の場合、JSON_TYPE()NULL を返します:

    mysql> SELECT JSON_TYPE(NULL);
    +-----------------+
    | JSON_TYPE(NULL) |
    +-----------------+
    | NULL            |
    +-----------------+

    引数が有効な JSON 値でない場合は、エラーが発生します:

    mysql> SELECT JSON_TYPE(1);
    ERROR 3146 (22032): Invalid data type for JSON data in argument 1
    to function json_type; a JSON string or JSON type is required.

    NULL 以外のエラー以外の結果の場合、次のリストに、考えられる JSON_TYPE() の戻り値を示します:

    • 純粋な JSON 型:

      • OBJECT: JSON オブジェクト

      • ARRAY: JSON 配列

      • BOOLEAN: JSON true および false リテラル

      • NULL: JSON null リテラル

    • 数値型:

      • INTEGER: MySQL TINYINT, SMALLINT, MEDIUMINT および INTBIGINT のスカラー

      • DOUBLE: MySQL DOUBLE FLOAT スカラー

      • DECIMAL: MySQL DECIMAL および NUMERIC スカラー

    • 時間型:

      • DATETIME: MySQL DATETIME および TIMESTAMP スカラー

      • DATE: MySQL DATE スカラー

      • TIME: MySQL TIME スカラー

    • 文字列型:

      • STRING: MySQL utf8 文字型スカラー: CHAR, VARCHAR, TEXT, ENUM および SET

    • バイナリ型:

      • BLOB: BINARY, VARBINARY, BLOB および BIT を含む MySQL バイナリ型スカラー

    • 他のすべてのタイプ:

      • OPAQUE (raw ビット)

  • JSON_VALID(val)

    値が有効な JSON かどうかを示す 0 または 1 を返します。 引数が NULL の場合、NULL を返します。

    mysql> SELECT JSON_VALID('{"a": 1}');
    +------------------------+
    | JSON_VALID('{"a": 1}') |
    +------------------------+
    |                      1 |
    +------------------------+
    mysql> SELECT JSON_VALID('hello'), JSON_VALID('"hello"');
    +---------------------+-----------------------+
    | JSON_VALID('hello') | JSON_VALID('"hello"') |
    +---------------------+-----------------------+
    |                   0 |                     1 |
    +---------------------+-----------------------+