Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

12.4 演算子

表 12.3 「演算子」

名前 説明 導入
& ビット単位の AND
> 右不等 (より多い) 演算子
>> 右シフト
>= 以上 (より多いか等しい) 演算子
< 左不等 (より少ない) 演算子
<>, != 不等価 (等しくない) 演算子
<< 左シフト
<= 以下 (より少ないか等しい) 演算子
<= NULL 安全等価演算子
%, MOD モジュロ演算子
* 乗算演算子
+ 加算演算子
- 減算演算子
- 引数の符号を変更します
-> パスを評価した後の JSON カラムからの戻り値 (JSON_EXTRACT() と同等)。
->> パスを評価して結果を引用符で囲まずに JSON カラムから値を返します (JSON_UNQUOTE(JSON_EXTRACT() と同等)。
/ 除算演算子
:= 値を割り当てます
= (SET ステートメントの一部として、または UPDATE ステートメントの SET 句の一部として) 値を割り当てます
= 等価 (等しい) 演算子
^ ビット単位の XOR
AND, && 論理 AND
BETWEEN ... AND ... 値が値の範囲内にあるかどうか
BINARY 文字列をバイナリ文字列にキャストします
CASE CASE 演算子
DIV 整数除算
IN() 値が値セット内にあるかどうか
IS ブーリアンに対して値をテストします
IS NOT ブーリアンに対して値をテストします
IS NOT NULL NOT NULL 値テスト
IS NULL NULL 値テスト
LIKE 単純なパターン一致
MEMBER OF() 最初のオペランドが 2 番目のオペランドとして渡された JSON 配列のいずれかの要素と一致する場合は true (1) を返し、それ以外の場合は false (0) を返します 8.0.17
NOT, ! 値を否定します
NOT BETWEEN ... AND ... 値が値の範囲内にないかどうか
NOT IN() 値が値セット内にないかどうか
NOT LIKE 単純なパターン一致の否定
NOT REGEXP REGEXP の否定
OR, || 論理 OR
REGEXP 文字列が正規表現と一致するかどうか
RLIKE 文字列が正規表現と一致するかどうか
SOUNDS LIKE 音声を比較します
XOR 論理 XOR
| ビット単位の OR
~ ビット単位の反転