Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

12.4.3 論理演算子

表 12.5 「論理演算子」

名前 説明
AND, && 論理 AND
NOT, ! 値を否定します
OR, || 論理 OR
XOR 論理 XOR

SQL では、すべての論理演算子は TRUEFALSE、または NULL (UNKNOWN) に評価されます。 MySQL では、これらは 1 (TRUE)、0 (FALSE)、および NULL として実装されます。 この大部分は、さまざまな SQL データベースサーバーに共通のものです。ただし、一部のサーバーは TRUE にゼロ以外の任意の値を返す場合があります。

MySQL では、ゼロ以外の任意の非 NULL 値が TRUE に評価されます。 たとえば、次のステートメントはすべて TRUE に評価されます。

mysql> SELECT 10 IS TRUE;
-> 1
mysql> SELECT -10 IS TRUE;
-> 1
mysql> SELECT 'string' IS NOT NULL;
-> 1
  • NOT, !

    NOT 演算。 オペランドが 0 の場合は 1 に、オペランドがゼロ以外の場合は 0 にそれぞれ評価され、NOT NULL の場合は NULL が返されます。

    mysql> SELECT NOT 10;
            -> 0
    mysql> SELECT NOT 0;
            -> 1
    mysql> SELECT NOT NULL;
            -> NULL
    mysql> SELECT ! (1+1);
            -> 0
    mysql> SELECT ! 1+1;
            -> 1

    最後の例では、式が (!1)+1 と同様に評価されるため、1 が生成されています。

    !、演算子は非標準の MySQL 拡張機能です。 MySQL 8.0.17 では、この演算子は非推奨です。将来のバージョンの MySQL で削除される予定です。 アプリケーションは、標準の SQL NOT 演算子を使用するように調整する必要があります。

  • AND, &&

    論理 AND すべてのオペランドがゼロ以外で非 NULL の場合は 1 に、1 つ以上のオペランドが 0 の場合は 0 に評価され、それ以外の場合は NULL が返されます。

    mysql> SELECT 1 AND 1;
            -> 1
    mysql> SELECT 1 AND 0;
            -> 0
    mysql> SELECT 1 AND NULL;
            -> NULL
    mysql> SELECT 0 AND NULL;
            -> 0
    mysql> SELECT NULL AND 0;
            -> 0

    &&、演算子は非標準の MySQL 拡張機能です。 MySQL 8.0.17 では、この演算子は非推奨です。将来のバージョンの MySQL ではサポートされなくなる予定です。 アプリケーションは、標準の SQL AND 演算子を使用するように調整する必要があります。

  • OR, ||

    論理 OR。 両方のオペランドが非 NULL であれば、オペランドのいずれかがゼロ以外である場合の結果は 1、それ以外の場合は 0 になります。 NULL オペランドが 1 つあれば、ほかのオペランドがゼロ以外である場合の結果は 1、それ以外の場合は NULL になります。 両方のオペランドが NULL であれば、結果は NULL になります。

    mysql> SELECT 1 OR 1;
            -> 1
    mysql> SELECT 1 OR 0;
            -> 1
    mysql> SELECT 0 OR 0;
            -> 0
    mysql> SELECT 0 OR NULL;
            -> NULL
    mysql> SELECT 1 OR NULL;
            -> 1
    注記

    PIPES_AS_CONCAT SQL モードが有効な場合、||は SQL 標準の文字列連結演算子 (CONCAT() など) を示します。

    ||、演算子は非標準の MySQL 拡張機能です。 MySQL 8.0.17 では、この演算子は非推奨です。将来のバージョンの MySQL ではサポートされなくなる予定です。 アプリケーションは、標準の SQL OR 演算子を使用するように調整する必要があります。 例外: PIPES_AS_CONCAT が有効な場合、||は文字列の連結を示すため、非推奨は適用されません。

  • XOR

    論理 XOR。 オペランドのいずれかが NULL である場合は、NULL を返します。 非 NULL のオペランドでは、奇数のオペランドがゼロ以外の場合は 1 に評価され、それ以外の場合は 0 が返されます。

    mysql> SELECT 1 XOR 1;
            -> 0
    mysql> SELECT 1 XOR 0;
            -> 1
    mysql> SELECT 1 XOR NULL;
            -> NULL
    mysql> SELECT 1 XOR 1 XOR 1;
            -> 1

    a XOR b は、数学的に (a AND (NOT b)) OR ((NOT a) and b) に等しくなります。