Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  ...  /  WKB 値からジオメトリ値を作成する関数

このページは機械翻訳したものです。

12.17.4 WKB 値からジオメトリ値を作成する関数

これらの関数は、引数として Well-Known Binary (WKB) 表現を含む BLOB と、オプションで空間参照システム識別子 (SRID) を受け取ります。 これらは、対応するジオメトリを返します。 WKB 形式については、WKB (Well-Known Binary) 形式を参照してください。

このセクションの関数は、デカルトまたは地理空間参照システム (SRS) の引数を検出し、SRS に適した結果を戻します。

ST_GeomFromWKB() は、ジオメトリタイプの WKB 値を最初の引数として受け入れます。 その他の関数は、各ジオメトリ型のジオメトリ値の構築のための型固有の構築関数を提供します。

MySQL 8.0 より前は、これらの関数は セクション12.17.5「ジオメトリ値を作成する MySQL 固有の関数」 の関数によって戻されたジオメトリオブジェクトも受け入れていました。 ジオメトリ引数は許可されなくなり、エラーが発生します。 ジオメトリ引数の使用から WKB 引数の使用にコールを移行するには、次のガイドラインに従います:

  • ST_GeomFromWKB(Point(0, 0)) などの構成を Point(0, 0) として書き換えます。

  • ST_SRID(Point(0, 0), 4326)ST_GeomFromWKB(ST_AsWKB(Point(0, 0)), 4326) などの ST_GeomFromWKB(Point(0, 0), 4326) の構成を書き換えます。

特に指定がないかぎり、このセクションの関数はジオメトリ引数を次のように処理します:

  • WKB または SRID 引数が NULL の場合、戻り値は NULL です。

  • デフォルトでは、地理座標 (緯度、経度) は、ジオメトリ引数の空間参照システムで指定された順序で解釈されます。 オプションの options 引数を指定して、デフォルトの軸の順序をオーバーライドできます。options は、カンマ区切りの key=value のリストで構成されます。 許可されている key 値は axis-order のみで、lat-longlong-lat および srid-defined (デフォルト) の値が許可されています。

    options 引数が NULL の場合、戻り値は NULL です。 options 引数が無効な場合は、理由を示すエラーが発生します。

  • SRID 引数が未定義の空間参照システム (SRS) を参照すると、ER_SRS_NOT_FOUND エラーが発生します。

  • 地理 SRS ジオメトリ引数で、範囲外の経度または緯度を持つ引数がある場合、エラーが発生します:

    • 経度の値が (−180, 180]の範囲にない場合は、ER_LONGITUDE_OUT_OF_RANGE エラーが発生します。

    • 緯度の値が[−90, 90]の範囲にない場合は、ER_LATITUDE_OUT_OF_RANGE エラーが発生します。

    表示される範囲は度数です。 SRS で別の単位が使用されている場合、範囲ではその単位に対応する値が使用されます。 浮動小数点演算のため、正確な範囲制限はわずかに偏差します。

WKB 値からジオメトリを作成するには、次の関数を使用できます:

  • ST_GeomCollFromWKB(wkb [, srid [, options]]), ST_GeometryCollectionFromWKB(wkb [, srid [, options]])

    WKB 表現と SRID を使用して GeometryCollection 値を構築します。

    これらの関数は、このセクションの概要で説明されているように、引数を処理します。

  • ST_GeomFromWKB(wkb [, srid [, options]]), ST_GeometryFromWKB(wkb [, srid [, options]])

    WKB 表現と SRID を使用して任意の型のジオメトリ値を構築します。

    これらの関数は、このセクションの概要で説明されているように、引数を処理します。

  • ST_LineFromWKB(wkb [, srid [, options]]), ST_LineStringFromWKB(wkb [, srid [, options]])

    WKB 表現と SRID を使用して LineString 値を構築します。

    これらの関数は、このセクションの概要で説明されているように、引数を処理します。

  • ST_MLineFromWKB(wkb [, srid [, options]]), ST_MultiLineStringFromWKB(wkb [, srid [, options]])

    WKB 表現と SRID を使用して MultiLineString 値を構築します。

    これらの関数は、このセクションの概要で説明されているように、引数を処理します。

  • ST_MPointFromWKB(wkb [, srid [, options]]), ST_MultiPointFromWKB(wkb [, srid [, options]])

    WKB 表現と SRID を使用して MultiPoint 値を構築します。

    これらの関数は、このセクションの概要で説明されているように、引数を処理します。

  • ST_MPolyFromWKB(wkb [, srid [, options]]), ST_MultiPolygonFromWKB(wkb [, srid [, options]])

    WKB 表現と SRID を使用して MultiPolygon 値を構築します。

    これらの関数は、このセクションの概要で説明されているように、引数を処理します。

  • ST_PointFromWKB(wkb [, srid [, options]])

    WKB 表現と SRID を使用して Point 値を構築します。

    ST_PointFromWKB() は、このセクションの概要で説明されているように引数を処理します。

  • ST_PolyFromWKB(wkb [, srid [, options]]), ST_PolygonFromWKB(wkb [, srid [, options]])

    WKB 表現と SRID を使用して Polygon 値を構築します。

    これらの関数は、このセクションの概要で説明されているように、引数を処理します。