Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

17.5.1.30 レプリケーションとサーバー SQL モード

ソースとレプリカで異なるサーバー SQL モード設定を使用すると、ソースとレプリカで同じ INSERT ステートメントが異なる方法で処理され、ソースとレプリカが相違する可能性があります。 最良の結果を得るには、ソースとレプリカで常に同じサーバー SQL モードを使用する必要があります。 このアドバイスは、ステートメントベースまたは行ベースのどちらのレプリケーションを使用しているかにかかわらず、適用されます。

パーティションテーブルをレプリケートする場合、ソースとレプリカで異なる SQL モードを使用すると、問題が発生する可能性があります。 少なくとも、特定のテーブルのソースコピーとレプリカコピーでパーティション間のデータ分散が異なる可能性があります。 また、ソースで成功したパーティションテーブルへの挿入がレプリカで失敗する可能性もあります。

詳細は、セクション5.1.11「サーバー SQL モード」を参照してください。