Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

4.2.2.4 プログラムオプション修飾子

一部のオプションはブール値で、オンまたはオフにできる動作を制御します。 たとえば、mysql クライアントは、クエリーの結果の先頭にカラム名の行を表示するかどうかを決定するオプション --column-names をサポートします。 デフォルトでは、このオプションは有効です。 ただし、初期ヘッダーラインを想定せずデータのみを想定するような別のプログラムに mysql の出力を送信する場合などは、この機能を無効にするとよいでしょう。

カラム名を無効にするには、次のいずれかの形式を使用してオプションを指定します。

--disable-column-names
--skip-column-names
--column-names=0

--disable プリフィクスと --skip プリフィクス、および =0 サフィクスはすべて同じ効果を持ち、オプションをオフにします。

オプションを有効にする形式は、次のうちのいずれかで指定できます。

--column-names
--enable-column-names
--column-names=1

ON, TRUE, OFF および FALSE もブールオプションで認識されます (大/小文字は区別されません)。

オプションに --loose プリフィクスがある場合、プログラムがオプションを認知できない場合にはエラーで終了せず、警告のみを発行します。

shell> mysql --loose-no-such-option
mysql: WARNING: unknown option '--loose-no-such-option'

--loose 接頭辞は、同じマシン上の MySQL の複数のインストールからプログラムを実行し、オプションファイルにオプションをリストする場合に役立ちます。 プログラムのすべてのバージョンで認識されない可能性があるオプションは、--loose 接頭辞 (またはオプションファイル内の loose) を使用して指定できます。 オプションを認識するバージョンのプログラムは通常どおりに処理し、認識しないバージョンは警告を発行して無視します。

--maximum 接頭辞は mysqld でのみ使用可能で、クライアントプログラムがセッションシステム変数を設定できる大きさに制限を設定できます。 これを実行するには、--maximum プリフィクスを変数名とともに使用します。 たとえば、--maximum-max_heap_table_size=32M では、クライアントがヒープテーブルのサイズ制限を 32M より大きくすることを防ぎます。

--maximum 接頭辞は、セッション値を持つシステム変数で使用するためのものです。 グローバル値のみを持つシステム変数に適用すると、エラーが発生します。 たとえば、--maximum-back_log=200 の場合、サーバーは次のエラーを生成します:

Maximum value of 'back_log' cannot be set