Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  ...  /  mysqlslap — ロードエミュレーションクライアント

このページは機械翻訳したものです。

4.5.8 mysqlslap — ロードエミュレーションクライアント

mysqlslap は MySQL サーバーのクライアント負荷をエミュレートし、各段階のタイミングをレポートする診断プログラムです。 複数のクライアントがサーバーにアクセスしているかのように作動します。

mysqlslap は次のように起動します。

shell> mysqlslap [options]

--create または --query などのオプションを使用すると、SQL ステートメントを含む文字列やステートメントを含むファイルを指定できます。 ファイルを指定した場合、デフォルトでは各行に 1 つのステートメントを含んでいなければなりません。 (つまり、暗黙的なステートメント区切り文字は改行文字です。) 異なる区切り文字を指定するには、--delimiter オプションを使用します。これにより、複数行にわたるステートメントを指定したり、1 行に複数のステートメントを配置したりできます。 ファイルにコメントを含めることはできません。mysqlslap はそれらを理解しません。

mysqlslap は次の 3 段階で実行されます。

  1. テストに使用するスキーマ、テーブル、およびオプションでストアドプログラムまたはデータを作成します。 この段階では、1 つのクライアント接続を使用します。

  2. 負荷テストを実行します。 この段階では、多数のクライアント接続を使用できます。

  3. クリーンアップ (接続の解除、指定した場合はテーブルの削除) を実行します。 この段階では、1 つのクライアント接続を使用します。

例:

50 台のクライアントがクエリーを実行し、それぞれ 200 の選択を行うような、create および query SQL ステートメントを提供します (コマンドは単一行に入力します)。

mysqlslap --delimiter=";"
  --create="CREATE TABLE a (b int);INSERT INTO a VALUES (23)"
  --query="SELECT * FROM a" --concurrency=50 --iterations=200

mysqlslap に、2 つの INT カラムと 3 つの VARCHAR カラムから成るテーブルを含む query SQL ステートメントを構築させます。 5 台のクライアントを使ってそれぞれ 20 回ずつクエリーを実行します。 テーブルを作成したり、データを挿入したりしないでください (直前のテストのスキーマとデータを使用します)。

mysqlslap --concurrency=5 --iterations=20
  --number-int-cols=2 --number-char-cols=3
  --auto-generate-sql

プログラムに、指定のファイルから create、insert、および query SQL ステートメントをロードするように指示します。この場合の create.sql ファイルには ';' で区切られた複数のテーブル作成ステートメントと ';' で区切られた複数の挿入ステートメントが含まれています。 --query ファイルには、';'で区切られた複数のクエリーを含める必要があります。 5 台のクライアントを使用して、すべての load ステートメントを実行してから、query ファイル内のすべてのクエリーを実行します (それぞれ 5 回ずつ)。

mysqlslap --concurrency=5
  --iterations=5 --query=query.sql --create=create.sql
  --delimiter=";"

mysqlslap は次のオプションをサポートします。これらはコマンド行またはオプションファイルの [mysqlslap] グループおよび [client] グループで指定できます。 MySQL プログラムによって使用されるオプションファイルの詳細については、セクション4.2.2.2「オプションファイルの使用」を参照してください。

表 4.18 「mysqlslap のオプション」

オプション名 説明 導入 非推奨
--auto-generate-sql SQL ステートメントがファイルおよびコマンドオプションを使用して指定されない場合、自動的に生成
--auto-generate-sql-add-autoincrement AUTO_INCREMENT カラムを自動生成されたテーブルに追加
--auto-generate-sql-execute-number 自動的に生成するクエリーの数を指定
--auto-generate-sql-guid-primary 自動生成されたテーブルに GUID ベースの主キーを追加
--auto-generate-sql-load-type テストの負荷タイプを指定します
--auto-generate-sql-secondary-indexes 自動生成されたテーブルに追加するセカンダリインデックスの数を指定
--auto-generate-sql-unique-query-number 自動テスト用に生成する異なるクエリーの数
--auto-generate-sql-unique-write-number --auto-generate-sql-write-number 用に生成する異なるクエリーの数
--auto-generate-sql-write-number 各スレッドで実行する行挿入の回数
--commit コミットの前に実行するステートメントの数
--compress クライアントとサーバー間で送信される情報をすべて圧縮 8.0.18
--compression-algorithms サーバーへの接続に許可される圧縮アルゴリズム 8.0.18
--concurrency SELECT ステートメントを発行する際、シミュレートするクライアントの数
--create テーブルの作成に使用するステートメントを含むファイルまたは文字列
--create-schema テストを実行するスキーマ
--csv カンマ区切りの値の形式で出力を生成
--debug デバッグログの書込み
--debug-check プログラムの終了時にデバッグ情報を出力
--debug-info プログラムの終了時に、デバッグ情報、メモリー、および CPU の統計を出力
--default-auth 使用する認証プラグイン
--defaults-extra-file 通常のオプションファイルに加えて、名前付きオプションファイルを読み取ります
--defaults-file 指名されたオプションファイルのみを読み取る
--defaults-group-suffix オプショングループのサフィクス値
--delimiter SQL ステートメントで使用する区切り文字
--detach N 個のステートメントが終わるごとに各接続を切り離す (閉じてからふたたび開く)
--enable-cleartext-plugin 平文の認証プラグインを有効化
--engine テーブルの作成に使用するストレージエンジン
--get-server-public-key サーバーから RSA 公開キーをリクエスト
--help ヘルプメッセージを表示して終了
--host MySQL サーバーがあるホスト
--iterations 実行するテストの回数
--login-path ログインパスオプションを .mylogin.cnf から読み取り
--no-defaults オプションファイルを読み取らない
--no-drop テスト実行中に作成されたスキーマを削除しない
--number-char-cols --auto-generate-sql が指定された場合に使用する VARCHAR カラムの数
--number-int-cols --auto-generate-sql が指定された場合に使用する INT カラムの数
--number-of-queries 各クライアントのクエリー数をおよそこの数に制限
--only-print データベースに接続しない。mysqlslap が実行したであろう内容を出力するのみ
--password サーバーに接続する際に使用するパスワード
--pipe 名前付きパイプを使用してサーバに接続する (Windows のみ)
--plugin-dir プラグインがインストールされているディレクトリ
--port 接続用の TCP/IP ポート番号
--post-query テスト完了後に実行するステートメントを含むファイルまたは文字列
--post-system テスト完了後に system() を使用して実行する文字列
--pre-query テストの実施前に実行するステートメントを含むファイルまたは文字列
--pre-system テストの実施前に system() を使用して実行する文字列
--print-defaults デフォルトオプションの印刷
--protocol 使用するトランスポートプロトコル
--query データ取得のために使用する SELECT ステートメントを含むファイルまたは文字列
--server-public-key-path RSA 公開鍵を含むファイルへのパス名
--shared-memory-base-name 共有メモリー接続用の共有メモリー名 (Windows のみ)
--silent サイレントモード
--socket 使用する Unix ソケットファイルまたは Windows 名前付きパイプ
--sql-mode クライアントセッションの SQL モードを設定
--ssl-ca 信頼できる SSL 認証局のリストを含むファイル
--ssl-capath 信頼できる SSL 認証局の証明書ファイルを含むディレクトリ
--ssl-cert X.509 証明書を含むファイル
--ssl-cipher 接続の暗号化に許可される暗号
--ssl-crl 証明書失効リストを含むファイル
--ssl-crlpath 証明書失効リストファイルを含むディレクトリ
--ssl-fips-mode クライアント側で FIPS モードを有効にするかどうか
--ssl-key X.509 キーを含むファイル
--ssl-mode サーバーへの接続に必要なセキュリティ状態
--tls-ciphersuites 暗号化された接続に許可される TLSv1.3 暗号スイート 8.0.16
--tls-version 暗号化された接続に許可される TLS プロトコル
--user サーバーへの接続時に使用する MySQL ユーザー名
--verbose 冗長モード
--version バージョン情報を表示して終了
--zstd-compression-level zstd 圧縮を使用するサーバーへの接続の圧縮レベル 8.0.18

  • --help, -?

    ヘルプメッセージを表示して終了します。

  • --auto-generate-sql, -a

    SQL ステートメントがファイルおよびコマンドオプションを使用して指定されない場合、自動的に生成します。

  • --auto-generate-sql-add-autoincrement

    AUTO_INCREMENT カラムを自動生成されたテーブルに追加します。

  • --auto-generate-sql-execute-number=N

    自動的に生成するクエリーの数を指定します。

  • --auto-generate-sql-guid-primary

    自動生成されたテーブルに GUID ベースの主キーを追加します。

  • --auto-generate-sql-load-type=type

    テストの負荷タイプを指定します。 許可される値は、read (テーブルのスキャン)、write (テーブルに挿入)、key (主キーの読み取り)、update (主キーの更新)、または mixed (挿入とスキャンして選択が半分ずつ) です。 デフォルトは mixed です。

  • --auto-generate-sql-secondary-indexes=N

    自動生成されたテーブルに追加するセカンダリインデックスの数を指定します。 デフォルトでは、何も追加されません。

  • --auto-generate-sql-unique-query-number=N

    自動テスト用に生成する異なるクエリーの数。 たとえば、1000 回の選択を行う key テストを実施する場合、このオプションの値を 1000 にして一意のクエリーを 1000 個実行することも、値を 50 にして異なるクエリーを 50 回行うこともできます。 デフォルトは 10 です。

  • --auto-generate-sql-unique-write-number=N

    --auto-generate-sql-write-number 用に生成する異なるクエリーの数を指定します。 デフォルトは 10 です。

  • --auto-generate-sql-write-number=N

    実行する行挿入の数。 デフォルトは 100 です。

  • --commit=N

    コミットの前に実行するステートメントの数。 デフォルトは 0 (コミットは行われない) です。

  • --compress, -C

    可能であれば、クライアントとサーバーの間で送信されるすべての情報を圧縮します。 セクション4.2.8「接続圧縮制御」を参照してください。

    MySQL 8.0.18 では、このオプションは非推奨です。 MySQL の将来のバージョンで削除されることが予想されます。 レガシー接続圧縮の構成を参照してください。

  • --compression-algorithms=value

    サーバーへの接続に許可される圧縮アルゴリズム。 使用可能なアルゴリズムは、protocol_compression_algorithms システム変数の場合と同じです。 デフォルト値は uncompressed です。

    詳細は、セクション4.2.8「接続圧縮制御」を参照してください。

    このオプションは MySQL 8.0.18 で追加されました。

  • --concurrency=N, -c N

    シミュレートするパラレルクライアントの数。

  • --create=value

    テーブルの作成に使用するステートメントを含むファイルまたは文字列。

  • --create-schema=value

    テストを実行するスキーマ。

    注記

    --auto-generate-sql オプションも指定されている場合、mysqlslap はテスト実行の最後にスキーマを削除します。 これを避けるには、--no-drop オプションも使用します。

  • --csv[=file_name]

    カンマ区切りの値の形式で出力を生成します。 出力は指定されたファイルか、ファイルが指定されていない場合標準出力に送られます。

  • --debug[=debug_options], -# [debug_options]

    デバッグのログを書き込みます。 一般的な debug_options 文字列は d:t:o,file_name です。 デフォルトは d:t:o,/tmp/mysqlslap.trace です。

    このオプションは、MySQL が WITH_DEBUG を使用して構築された場合にのみ使用できます。 Oracle によって提供される MySQL リリースバイナリは、このオプションを使用して構築されません。

  • --debug-check

    プログラムの終了時に、デバッグ情報を出力します。

    このオプションは、MySQL が WITH_DEBUG を使用して構築された場合にのみ使用できます。 Oracle によって提供される MySQL リリースバイナリは、このオプションを使用して構築されません。

  • --debug-info, -T

    プログラムの終了時に、デバッグ情報とメモリーおよび CPU 使用率の統計を出力します。

    このオプションは、MySQL が WITH_DEBUG を使用して構築された場合にのみ使用できます。 Oracle によって提供される MySQL リリースバイナリは、このオプションを使用して構築されません。

  • --default-auth=plugin

    使用するクライアント側認証プラグインに関するヒント。 セクション6.2.17「プラガブル認証」を参照してください。

  • --defaults-extra-file=file_name

    このオプションファイルは、グローバルオプションファイルのあとに読み取りますが、(UNIX では) ユーザーオプションファイルの前に読み取るようにしてください。 ファイルが存在しないかアクセスできない場合、エラーが発生します。file_name は、フルパス名でなく相対パス名として指定された場合、現行ディレクトリを基準にして解釈されます。

    このオプションおよびその他のオプションファイルオプションの詳細は、セクション4.2.2.3「オプションファイルの処理に影響するコマンド行オプション」 を参照してください。

  • --defaults-file=file_name

    指定されたオプションファイルのみ使用します。 ファイルが存在しないかアクセスできない場合、エラーが発生します。file_name は、フルパス名でなく相対パス名として指定された場合、現行ディレクトリを基準にして解釈されます。

    例外: --defaults-file でも、クライアントプログラムは .mylogin.cnf を読み取ります。

    このオプションおよびその他のオプションファイルオプションの詳細は、セクション4.2.2.3「オプションファイルの処理に影響するコマンド行オプション」 を参照してください。

  • --defaults-group-suffix=str

    通常のオプショングループだけでなく、通常の名前に str のサフィクスが付いたグループも読み取ります。 たとえば、mysqlslap は通常 [client] グループおよび [mysqlslap] グループを読み取ります。 --defaults-group-suffix=_other オプションを指定した場合、mysqlslap[client_other] グループおよび [mysqlslap_other] グループも読み取ります。

    このオプションおよびその他のオプションファイルオプションの詳細は、セクション4.2.2.3「オプションファイルの処理に影響するコマンド行オプション」 を参照してください。

  • --delimiter=str, -F str

    ファイルまたはコマンドオプションを使用して提供される SQL ステートメントで使用される区切り文字。

  • --detach=N

    N 個のステートメントごとに各接続を切り離します (閉じてからふたたび開きます)。 デフォルトは 0 (接続は切り離されない) です。

  • --enable-cleartext-plugin

    mysql_clear_password 平文認証プラグインを有効にします。 (セクション6.4.1.4「クライアント側クリアテキストプラガブル認証」を参照してください。)

  • --engine=engine_name, -e engine_name

    テーブルの作成に使用するストレージエンジンを指定します。

  • --get-server-public-key

    キーペアベースのパスワード交換に使用する RSA 公開キーをサーバーにリクエストします。 このオプションは、caching_sha2_password 認証プラグインで認証されるアカウントを使用してサーバーに接続するクライアントに適用されます。 このようなアカウントによる接続の場合、サーバーは要求されないかぎり公開鍵をクライアントに送信しません。 このオプションは、そのプラグインで認証されないアカウントでは無視されます。 クライアントがセキュアな接続を使用してサーバーに接続する場合と同様に、RSA ベースのパスワード交換が不要な場合も無視されます。

    --server-public-key-path=file_name が指定され、有効な公開キーファイルが指定されている場合は、--get-server-public-key よりも優先されます。

    caching_sha2_password プラグインの詳細は、セクション6.4.1.2「SHA-2 プラガブル認証のキャッシュ」 を参照してください。

  • --host=host_name, -h host_name

    指定されたホストの MySQL サーバーに接続します。

  • --iterations=N, -i N

    実行するテストの回数。

  • --login-path=name

    .mylogin.cnf ログインパスファイルの指定されたログインパスからオプションを読み取ります。 「ログインパス」は、接続先の MySQL サーバーおよび認証に使用するアカウントを指定するオプションを含むオプショングループです。 ログインパスファイルを作成または変更するには、mysql_config_editor ユーティリティを使用します。 セクション4.6.7「mysql_config_editor — MySQL 構成ユーティリティー」を参照してください。

    このオプションおよびその他のオプションファイルオプションの詳細は、セクション4.2.2.3「オプションファイルの処理に影響するコマンド行オプション」 を参照してください。

  • --no-drop

    mysqlslap がテスト実行中に作成するスキーマをドロップしないようにします。

  • --no-defaults

    オプションファイルを読み取りません。 オプションファイルから不明のオプションを読み取ることが原因でプログラムの起動に失敗する場合、--no-defaults を使用して、オプションを読み取らないようにできます。

    例外として、.mylogin.cnf ファイルは、存在する場合はすべての場合に読み取られます。 これにより、--no-defaults が使用された場合にも、コマンド行よりも安全な方法でパスワードを指定できます。(.mylogin.cnfmysql_config_editor ユーティリティーによって作成されます。 セクション4.6.7「mysql_config_editor — MySQL 構成ユーティリティー」を参照してください)。

    このオプションおよびその他のオプションファイルオプションの詳細は、セクション4.2.2.3「オプションファイルの処理に影響するコマンド行オプション」 を参照してください。

  • --number-char-cols=N, -x N

    --auto-generate-sql が指定されている場合に使用する VARCHAR カラムの数。

  • --number-int-cols=N, -y N

    --auto-generate-sql が指定されている場合に使用する INT カラムの数。

  • --number-of-queries=N

    各クライアントのクエリー数をおよそこの数に制限します。 クエリーのカウントには、ステートメント区切り文字が考慮されます。 たとえば、mysqlslap を次のように起動する場合、; 区切り文字が認識され、クエリー文字列の各インスタンスは 2 つのクエリーとカウントされます。 その結果、(10 ではなく) 5 つの行が挿入されます。

    shell> mysqlslap --delimiter=";" --number-of-queries=10
             --query="use test;insert into t values(null)"
  • --only-print

    データベースには接続しません。mysqlslap は、実行したであろう内容を出力するだけです。

  • --password[=password], -p[password]

    サーバーへの接続に使用される MySQL アカウントのパスワード。 パスワード値はオプションです。 指定しない場合、mysqlslap によってプロンプトが表示されます。 指定する場合は、--password= または -p とそれに続くパスワードの間にスペースなしが存在する必要があります。 パスワードオプションを指定しない場合、デフォルトではパスワードは送信されません。

    コマンド行でのパスワード指定は、セキュアでないと考えるべきです。 コマンド行でパスワードを指定しないようにするには、オプションファイルを使用します。 セクション6.1.2.1「パスワードセキュリティーのためのエンドユーザーガイドライン」を参照してください。

    パスワードがなく、mysqlslap でパスワードの入力を求められないように明示的に指定するには、--skip-password オプションを使用します。

  • --pipe, -W

    Windows で、名前付きパイプを使用してサーバーに接続します。 このオプションは、ネームパイプ接続をサポートするために named_pipe システム変数を有効にしてサーバーを起動した場合にのみ適用されます。 また、接続を行うユーザーは、named_pipe_full_access_group システム変数で指定された Windows グループのメンバーである必要があります。

  • --plugin-dir=dir_name

    プラグインを検索するディレクトリ。 このオプションは、--default-auth オプションを使用して認証プラグインを指定しても、mysqlslap がそれを検出しない場合に指定します。 セクション6.2.17「プラガブル認証」を参照してください。

  • --port=port_num, -P port_num

    TCP/IP 接続の場合、使用するポート番号。

  • --post-query=value

    テスト完了後に実行するステートメントを含むファイルまたは文字列。 この実行は、タイミングの目的ではカウントされません。

  • --post-system=str

    テスト完了後に system() を使用して実行する文字列。 この実行は、タイミングの目的ではカウントされません。

  • --pre-query=value

    テストの実行前に実行するステートメントを含むファイルまたは文字列。 この実行は、タイミングの目的ではカウントされません。

  • --pre-system=str

    テストの実行前に system() を使用して実行する文字列。 この実行は、タイミングの目的ではカウントされません。

  • --print-defaults

    プログラム名と、オプションファイルから受け取るすべてのオプションを出力します。

    このオプションおよびその他のオプションファイルオプションの詳細は、セクション4.2.2.3「オプションファイルの処理に影響するコマンド行オプション」 を参照してください。

  • --protocol={TCP|SOCKET|PIPE|MEMORY}

    サーバーへの接続に使用するトランスポートプロトコル。 これは、他の接続パラメータが通常、必要なプロトコル以外のプロトコルを使用する場合に便利です。 許可される値の詳細は、セクション4.2.7「接続トランスポートプロトコル」を参照してください。

  • --query=value, -q value

    データ取得のため使用する SELECT ステートメントを含むファイルまたは文字列。

  • --server-public-key-path=file_name

    RSA キーペアベースのパスワード交換のためにサーバーが必要とする公開キーのクライアント側コピーを含む、PEM 形式のファイルへのパス名。 このオプションは、sha256_password または caching_sha2_password 認証プラグインで認証されるクライアントに適用されます。 これらのプラグインのいずれかで認証されないアカウントでは、このオプションは無視されます。 クライアントがセキュアな接続を使用してサーバーに接続する場合と同様に、RSA ベースのパスワード交換を使用しない場合も無視されます。

    --server-public-key-path=file_name が指定され、有効な公開キーファイルが指定されている場合は、--get-server-public-key よりも優先されます。

    sha256_password の場合、このオプションは、MySQL が OpenSSL を使用して構築された場合にのみ適用されます。

    sha256_password および caching_sha2_password プラグインの詳細は、セクション6.4.1.3「SHA-256 プラガブル認証」 および セクション6.4.1.2「SHA-2 プラガブル認証のキャッシュ」 を参照してください。

  • --shared-memory-base-name=name

    Windows の場合、共有メモリを使用してローカルサーバに接続するために使用する共有メモリ名。 デフォルト値は MYSQL です。 共有メモリー名では大文字と小文字が区別されます。

    このオプションは、共有メモリー接続をサポートするために shared_memory システム変数を有効にしてサーバーを起動した場合にのみ適用されます。

  • --silent, -s

    サイレントモード。 出力はありません。

  • --socket=path, -S path

    localhost への接続用に使用する、Unix ソケットファイル、または Windows では使用する名前付きパイプの名前。

    Windows では、このオプションは、名前付きパイプ接続をサポートするために named_pipe システム変数を有効にしてサーバーを起動した場合にのみ適用されます。 また、接続を行うユーザーは、named_pipe_full_access_group システム変数で指定された Windows グループのメンバーである必要があります。

  • --sql-mode=mode

    クライアントセッションの SQL モードを設定します。

  • --ssl*

    --ssl で始まるオプションは、SSL を使用してサーバーに接続するかどうかを指定し、SSL 鍵および証明書を検索する場所を指定します。 暗号化接続のコマンドオプションを参照してください。

  • --ssl-fips-mode={OFF|ON|STRICT}

    クライアント側で FIPS モードを有効にするかどうかを制御します。 --ssl-fips-mode オプションは、暗号化された接続の確立には使用されず、許可する暗号化操作に影響する点で、他の --ssl-xxx オプションとは異なります。 セクション6.8「FIPS のサポート」を参照してください。

    次の --ssl-fips-mode 値を使用できます:

    • OFF: FIPS モードを無効にします。

    • ON: FIPS モードを有効にします。

    • STRICT: strict FIPS モードを有効にします。

    注記

    OpenSSL FIPS オブジェクトモジュールが使用できない場合、--ssl-fips-mode に許可される値は OFF のみです。 この場合、--ssl-fips-modeON または STRICT に設定すると、クライアントは起動時に警告を生成し、FIPS 以外のモードで動作します。

  • --tls-ciphersuites=ciphersuite_list

    TLSv1.3 を使用する暗号化された接続に許可される暗号スイート。 値は、コロンで区切られた 1 つ以上の暗号スイート名のリストです。 このオプションに指定できる暗号スイートは、MySQL のコンパイルに使用される SSL ライブラリによって異なります。 詳細は、セクション6.3.2「暗号化された接続 TLS プロトコルおよび暗号」を参照してください。

    このオプションは MySQL 8.0.16 で追加されました。

  • --tls-version=protocol_list

    暗号化された接続に許可される TLS プロトコル。 値は、1 つまたは複数のコンマ区切りプロトコル名のリストです。 このオプションに指定できるプロトコルは、MySQL のコンパイルに使用される SSL ライブラリによって異なります。 詳細は、セクション6.3.2「暗号化された接続 TLS プロトコルおよび暗号」を参照してください。

  • --user=user_name, -u user_name

    サーバーへの接続に使用する MySQL アカウントのユーザー名。

  • --verbose, -v

    冗長モード。 プログラムの動作についてより多くの情報を出力します。 このオプションは情報量を増加させるために複数回使用できます。

  • --version, -V

    バージョン情報を表示して終了します。

  • --zstd-compression-level=level

    zstd 圧縮アルゴリズムを使用するサーバーへの接続に使用する圧縮レベル。 許可されるレベルは 1 から 22 で、大きい値は圧縮レベルの増加を示します。 デフォルトの zstd 圧縮レベルは 3 です。 圧縮レベルの設定は、zstd 圧縮を使用しない接続には影響しません。

    詳細は、セクション4.2.8「接続圧縮制御」を参照してください。

    このオプションは MySQL 8.0.18 で追加されました。