Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.0Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  ...  /  mysql_config — クライアントのコンパイル用オプションの表示

このページは機械翻訳したものです。

4.7.1 mysql_config — クライアントのコンパイル用オプションの表示

mysql_config は、MySQ クライアントをコンパイルして MySQL に接続するのに有用な情報を提供します。 シェルスクリプトであるため、Unix および Unix 類似システムでのみ使用可能です。

注記

pkg-configmysql_config のかわりに使用して、MySQL アプリケーションのコンパイルに必要なコンパイラフラグやリンクライブラリなどの情報を取得できます。 詳細は、Building C API Client Programs Using pkg-configを参照してください。

mysql_config は次のオプションをサポートします。

  • --cflags

    libmysqlclient ライブラリのコンパイルに使用される、インクルードファイルを検索するための C コンパイラフラグおよび重要なコンパイラフラグおよび定義。 返されるオプションは、ライブラリが作成されたときに使用された特定のコンパイラに結びついており、ユーザー自身のコンパイラ設定ではクラッシュする場合があります。 インクルードパスのみを含むより移植性の高いオプションには、--include を使用します。

  • --cxxflags

    --cflags と同様ですが、C++ コンパイラフラグ用です。

  • --include

    MySQL インクルードファイルを検出するためのコンパイラオプション。

  • --libs

    MySQL クライアントライブラリにリンクするために必要なライブラリおよびオプション。

  • --libs_r

    スレッドセーフな MySQL クライアントライブラリにリンクするために必要なライブラリおよびオプション。 In MySQL 8.0 ではすべてのクライアントライブラリはスレッドセーフであるため、このオプションを使用する必要はありません。 すべての場合に --libs オプションを使用できます。

  • --plugindir

    MySQL の構成時に定義される、デフォルトのプラグインディレクトリパス名。

  • --port

    MySQL の構成時に定義される、デフォルトの TCP/IP ポート番号。

  • --socket

    MySQL の構成時に定義される、デフォルトの Unix ソケットファイル。

  • --variable=var_name

    指定された構成変数の値を表示します。 許可される var_name 値は、pkgincludedir (ヘッダーファイルディレクトリ)、pkglibdir (ライブラリディレクトリ) および plugindir (プラグインディレクトリ) です。

  • --version

    MySQL 配布のバージョン番号。

mysql_config をオプションなしで呼び出すと、サポートされるすべてのオプションおよびそれらの値のリストが表示されます。

shell> mysql_config
Usage: /usr/local/mysql/bin/mysql_config [options]
Options:
  --cflags         [-I/usr/local/mysql/include/mysql -mcpu=pentiumpro]
  --cxxflags       [-I/usr/local/mysql/include/mysql -mcpu=pentiumpro]
  --include        [-I/usr/local/mysql/include/mysql]
  --libs           [-L/usr/local/mysql/lib/mysql -lmysqlclient
                    -lpthread -lm -lrt -lssl -lcrypto -ldl]
  --libs_r         [-L/usr/local/mysql/lib/mysql -lmysqlclient_r
                    -lpthread -lm -lrt -lssl -lcrypto -ldl]
  --plugindir      [/usr/local/mysql/lib/plugin]
  --socket         [/tmp/mysql.sock]
  --port           [3306]
  --version        [5.8.0-m17]
  --variable=VAR   VAR is one of:
          pkgincludedir [/usr/local/mysql/include]
          pkglibdir     [/usr/local/mysql/lib]
          plugindir     [/usr/local/mysql/lib/plugin]

バックティックを使用してコマンドライン内で mysql_config を使用し、特定のオプションに対して生成される出力を含めることができます。 たとえば。MySQL クライアントプログラムのコンパイルおよびリンクを行うには、mysql_config を次のように使用します。

gcc -c `mysql_config --cflags` progname.c
gcc -o progname progname.o `mysql_config --libs`