Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  ...  /  comp_err — MySQL エラーメッセージファイルのコンパイル

このページは機械翻訳したものです。

4.4.1 comp_err — MySQL エラーメッセージファイルのコンパイル

comp_err は、mysqld がさまざまなエラーコードに対して表示するエラーメッセージを判断するために使用する、errmsg.sys ファイルを作成します。comp_err は、通常 MySQL のビルド時に自動的に実行されます。 MySQL ソース配布のテキスト形式のエラー情報から errmsg.sys ファイルをコンパイルします:

  • MySQL 8.0.19 では、エラー情報は share ディレクトリの messages_to_error_log.txt および messages_to_clients.txt ファイルから取得されます。

    エラーメッセージの定義の詳細は、これらのファイル内のコメントおよび errmsg_readme.txt ファイルを参照してください。

  • MySQL 8.0.19 より前は、エラー情報は sql/share ディレクトリの errmsg-utf8.txt ファイルから取得されていました。

comp_err では、mysqld_error.hmysqld_ername.h および mysqld_errmsg.h ヘッダーファイルも生成されます。

comp_err は次のように呼び出します。

shell> comp_err [options]

comp_err は次のオプションをサポートします。

  • --help, -?

    ヘルプメッセージを表示して終了します。

  • --charset=dir_name, -C dir_name

    文字セットディレクトリ。 デフォルトは ../sql/share/charsets です。

  • --debug=debug_options, -# debug_options

    デバッグのログを書き込みます。 一般的な debug_options 文字列は d:t:O,file_name です。 デフォルトは d:t:O,/tmp/comp_err.trace です。

  • --debug-info, -T

    プログラムの終了時に、デバッグ情報を出力します。

  • --errmsg-file=file_name, -H file_name

    エラーメッセージファイルの名前。 デフォルトは mysqld_errmsg.h です。 このオプションは MySQL 8.0.18 で追加されました。

  • --header-file=file_name, -H file_name

    エラーヘッダーファイルの名前です。 デフォルトは mysqld_error.h です。

  • --in-file=file_name, -F file_name

    入力ファイルの名前です。 デフォルトは ../share/errmsg-utf8.txt です。

    このオプションは MySQL 8.0.19 で削除され、--in-file-errlog および --in-file-toclient オプションに置き換えられました。

  • --in-file-errlog=file_name, -e file_name

    エラーログに書き込まれるエラーメッセージを定義する入力ファイルの名前。 デフォルトは ../share/messages_to_error_log.txt です。

    このオプションは MySQL 8.0.19 で追加されました。

  • --in-file-toclient=file_name, -c file_name

    クライアントに書き込まれるエラーメッセージを定義する入力ファイルの名前。 デフォルトは ../share/messages_to_clients.txt です。

    このオプションは MySQL 8.0.19 で追加されました。

  • --name-file=file_name, -N file_name

    エラー名ファイルの名前です。 デフォルトは mysqld_ername.h です。

  • --out-dir=dir_name, -D dir_name

    出力ベースディレクトリの名前です。 デフォルトは ../sql/share/ です。

  • --out-file=file_name, -O file_name

    出力ファイルの名前です。 デフォルトは errmsg.sys です。

  • --version, -V

    バージョン情報を表示して終了します。