Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

4.6.8.4 mysqlbinlog サーバー ID の指定

mysqlbinlog は、--read-from-remote-server オプションで呼び出された場合、MySQL サーバーに接続し、自分を証明するためにサーバー ID を指定し、サーバーからバイナリログファイルを要求します。 mysqlbinlog を使用してサーバーからログファイルを要求するには、いくつかの方法があります。

  • 一連のファイルを名前を明示的に示して指定します。mysqlbinlog は、各ファイルに接続して Binlog dump コマンドを発行します。 サーバーはファイルを送信して切断します。 ファイルごとに 1 つの接続があります。

  • 開始ファイルと --to-last-log を指定します。mysqlbinlog はすべてのファイルに接続して Binlog dump コマンドを発行します。 サーバーはすべてのファイルを送信して切断します。

  • 開始ファイルと --stop-never を指定します (これは暗黙的に --to-last-log を示します)。mysqlbinlog はすべてのファイルに対して接続して Binlog dump コマンドを発行します。 サーバーはすべてのファイルを送信しますが、最後のファイルの送信後に切断しません。

--read-from-remote-server のみを使用すると、mysqlbinlog は 0 をサーバー ID として使用します。これは、要求された最後のログファイルの送信後に切断することをサーバーに指示します。

--read-from-remote-server および --stop-never を使用すると、mysqlbinlog はゼロ以外のサーバー ID を使用して接続するため、サーバーは最後のログファイルの送信後に切断しません。 サーバー ID はデフォルトで 1 ですが、これは --connection-server-id で変更できます。

したがって、ファイルを要求する最初の 2 つの方法では、mysqlbinlog がサーバー ID の 0 を指定するためサーバーは切断します。 --stop-never が指定された場合は、mysqlbinlog はゼロ以外のサーバー ID を指定するため切断しません。