Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  INFORMATION_SCHEMA テーブル  /  INFORMATION_SCHEMA KEYWORDS テーブル

このページは機械翻訳したものです。

26.18 INFORMATION_SCHEMA KEYWORDS テーブル

KEYWORDS テーブルには、MySQL で考慮されるキーワードがリストされ、各キーワードについて予約されているかどうかが示されます。 予約済キーワードは、識別子として使用される場合の特別な引用符など、一部のコンテキストで特別な処理が必要になることがあります (セクション9.3「キーワードと予約語」 を参照)。 このテーブルは、アプリケーションが MySQL キーワード情報のランタイムソースを提供します。

MySQL 8.0.13 より前は、デフォルトのデータベースが選択されていない KEYWORDS テーブルから選択すると、エラーが発生しました。 (Bug #90160、Bug #27729859)

KEYWORDS テーブルには、次のカラムがあります:

  • WORD

    キーワード。

  • RESERVED

    キーワードが予約されている (1) か予約されていない (0) かを示す整数。

次のクエリーでは、すべてのキーワード、すべての予約済キーワードおよびすべての非予約済キーワードがそれぞれリストされます:

SELECT * FROM INFORMATION_SCHEMA.KEYWORDS;
SELECT WORD FROM INFORMATION_SCHEMA.KEYWORDS WHERE RESERVED = 1;
SELECT WORD FROM INFORMATION_SCHEMA.KEYWORDS WHERE RESERVED = 0;

後者の 2 つのクエリーは、次と同等です:

SELECT WORD FROM INFORMATION_SCHEMA.KEYWORDS WHERE RESERVED;
SELECT WORD FROM INFORMATION_SCHEMA.KEYWORDS WHERE NOT RESERVED;

ソースから MySQL をビルドする場合、ビルドプロセスによって、キーワードの配列とその予約済ステータスを含む keyword_list.h ヘッダーファイルが生成されます。 このファイルは、ビルドディレクトリの下の sql ディレクトリにあります。 このファイルは、キーワードリストの静的ソースを必要とするアプリケーションに役立つ場合があります。