Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

26.51.22 INFORMATION_SCHEMA INNODB_METRICS テーブル

INNODB_METRICS テーブルは、様々な InnoDB パフォーマンス情報を提供し、InnoDB の「パフォーマンススキーマ」テーブルの特定のフォーカス領域を補完します。 単純なクエリーで、システムのヘルス全体を確認できます。 より詳細なクエリーを使用すると、パフォーマンスのボトルネック、リソース不足、アプリケーション問題などの問題を診断できます。

各モニターは、カウンタ情報を収集するようにインストゥルメントされる InnoDB ソースコード内でのポイントを表します。 各カウンタは、開始、停止、およびリセットできます。 共通のモジュール名を使用して、カウンタのグループに対して、これらのアクションを実行することもできます。

デフォルトでは、比較的少量のデータが収集されます。 カウンタを起動、停止およびリセットするには、カウンタの名前、モジュールの名前、% 文字を使用したそのような名前のワイルドカード一致、または特殊なキーワード all を使用して、システム変数 innodb_monitor_enable, innodb_monitor_disable, innodb_monitor_reset または innodb_monitor_reset_all のいずれかを設定します。

使用法については、セクション15.15.6「InnoDB INFORMATION_SCHEMA メトリックテーブル」を参照してください。

INNODB_METRICS テーブルには、次のカラムがあります:

  • NAME

    カウンタの一意の名前。

  • SUBSYSTEM

    メトリックが適用される InnoDB の側面。

  • COUNT

    カウンタが有効化されてからの値。

  • MAX_COUNT

    カウンタが有効になってからの最大値。

  • MIN_COUNT

    カウンタが有効化されてからの最小値。

  • AVG_COUNT

    カウンタが有効化されてからの平均値。

  • COUNT_RESET

    最後にリセットされてからのカウンタ値。 (_RESET カラムはストップウォッチのラップカウンタのように機能: 一定の時間間隔中にアクティビティを測定できますが、累積値は COUNTMAX_COUNT などで引き続き使用できます。)

  • MAX_COUNT_RESET

    最後のリセット以降の最大カウンタ値。

  • MIN_COUNT_RESET

    最後にリセットされてからの最小カウンタ値。

  • AVG_COUNT_RESET

    最後にリセットされてからの平均カウンタ値。

  • TIME_ENABLED

    最後の起動のタイムスタンプ。

  • TIME_DISABLED

    最後の停止のタイムスタンプ。

  • TIME_ELAPSED

    カウンタが起動してからの経過時間 (秒)。

  • TIME_RESET

    最後のリセットのタイムスタンプ。

  • STATUS

    カウンタがまだ実行中か (enabled) 停止しているか (disabled)。

  • TYPE

    項目が累積カウンタであるのか、または一部のリソースの現在値を測定しているのか。

  • COMMENT

    カウンタの説明。

mysql> SELECT * FROM INFORMATION_SCHEMA.INNODB_METRICS WHERE NAME='dml_inserts'\G
*************************** 1. row ***************************
           NAME: dml_inserts
      SUBSYSTEM: dml
          COUNT: 3
      MAX_COUNT: 3
      MIN_COUNT: NULL
      AVG_COUNT: 0.046153846153846156
    COUNT_RESET: 3
MAX_COUNT_RESET: 3
MIN_COUNT_RESET: NULL
AVG_COUNT_RESET: NULL
   TIME_ENABLED: 2014-12-04 14:18:28
  TIME_DISABLED: NULL
   TIME_ELAPSED: 65
     TIME_RESET: NULL
         STATUS: enabled
           TYPE: status_counter
        COMMENT: Number of rows inserted

メモ

  • このテーブルをクエリーするには PROCESS 権限が必要です。

  • INFORMATION_SCHEMA COLUMNS テーブルまたは SHOW COLUMNS ステートメントを使用して、データ型やデフォルト値など、このテーブルのカラムに関する追加情報を表示します。

  • トランザクションカウンタの COUNT 値は、パフォーマンススキーマ EVENTS_TRANSACTIONS_SUMMARY テーブルで報告されるトランザクションイベントの数とは異なる場合があります。 InnoDB は、実行したトランザクションのみをカウントしますが、パフォーマンススキーマは、サーバーによって開始された中断されていないすべてのトランザクション (空のトランザクションを含む) のイベントを収集します。