Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  ...  /  マルチプライマリモードとシングルプライマリモード

このページは機械翻訳したものです。

18.1.3 マルチプライマリモードとシングルプライマリモード

グループレプリケーションは、単一プライマリモードまたはマルチプライマリモードで動作します。 グループモードは、group_replication_single_primary_mode システム変数で指定されるグループ全体の構成設定で、すべてのメンバーで同じである必要があります。 ON はシングルプライマリモード (デフォルトモード) を意味し、OFF はマルチプライマリモードを意味します。 グループのメンバーを異なるモードでデプロイすることはできません。たとえば、あるメンバーをマルチプライマリモードで構成し、別のメンバーをシングルプライマリモードにすることはできません。

グループレプリケーションの実行中は、group_replication_single_primary_mode の値を手動で変更できません。 MySQL 8.0.13 から、group_replication_switch_to_single_primary_mode() および group_replication_switch_to_multi_primary_mode() UDF を使用して、グループレプリケーションの実行中にグループをあるモードから別のモードに移動できます。 これらの UDF は、グループモードを変更するプロセスを管理し、データの安全性と一貫性を確保します。 以前のリリースでは、グループモードを変更するには、グループレプリケーションを停止し、すべてのメンバーで group_replication_single_primary_mode の値を変更する必要がありました。 次に、グループ (group_replication_bootstrap_group=ON を使用したサーバーによるブートストラップ) の完全再起動を実行して、新しいオペレーティング構成への変更を実装します。 サーバーを再起動する必要はありません。

デプロイされたモードに関係なく、グループレプリケーションはクライアント側のフェイルオーバーを処理しません。 これは、MySQL Router 8.0、プロキシ、コネクタまたはアプリケーション自体などのミドルウェアフレームワークによって処理される必要があります。