Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

18.3.2 replication_group_members テーブル

performance_schema.replication_group_members テーブルは、グループのメンバーである様々なサーバーインスタンスのステータスの監視に使用されます。 新しいメンバーが結合されたときにグループの構成が動的に変更された場合など、ビューが変更されるたびにテーブルの情報が更新されます。 その時点で、サーバーはメタデータの一部を交換して同期し、連携を続行します。 この情報は、レプリケーショングループのメンバーであるすべてのサーバーインスタンス間で共有されるため、すべてのグループメンバーに関する情報を任意のメンバーからクエリーすることができます。 このテーブルを使用して、レプリケーショングループの状態の高レベルビューを取得できます。たとえば、次のように発行します:

SELECT * FROM performance_schema.replication_group_members;
+---------------------------+--------------------------------------+--------------+-------------+--------------+-------------+----------------+
| CHANNEL_NAME              | MEMBER_ID	                           | MEMBER_HOST  | MEMBER_PORT | MEMBER_STATE | MEMBER_ROLE | MEMBER_VERSION |
+---------------------------+--------------------------------------+--------------+-------------+--------------+-------------+----------------+
| group_replication_applier | 041f26d8-f3f3-11e8-adff-080027337932 | example1     |      3306   | ONLINE       | SECONDARY   | 8.0.13         |
| group_replication_applier | f60a3e10-f3f2-11e8-8258-080027337932 | example2     |      3306   | ONLINE       | PRIMARY     | 8.0.13         |
| group_replication_applier | fc890014-f3f2-11e8-a9fd-080027337932 | example3     |      3306   | ONLINE       | SECONDARY   | 8.0.13         |
+---------------------------+--------------------------------------+--------------+-------------+--------------+-------------+----------------+

この結果に基づいて、グループが 3 つのメンバー、クライアントがメンバーへの接続に使用する各メンバーホストとポート番号、およびメンバーの server_uuid で構成されていることがわかります。 MEMBER_STATE カラムには セクション18.3.1「グループレプリケーションサーバーの状態」 のいずれかが表示されます。この場合、このグループの 3 つのメンバーはすべて ONLINE であり、MEMBER_ROLE カラムにはセカンダリが 2 つあり、プライマリが 1 つであることが示されています。 したがって、このグループはシングルプライマリモードで実行されている必要があります。 MEMBER_VERSION カラムは、グループをアップグレードし、異なる MySQL バージョンを実行しているメンバーを結合する場合に役立ちます。 詳しくはセクション18.3.1「グループレプリケーションサーバーの状態」をご覧ください。

Member_host の値と分散リカバリプロセスへの影響の詳細は、セクション18.2.1.3「分散リカバリのユーザー資格証明」 を参照してください。