Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

18.6.5.1 キャッシュサイズの増加

メンバーがグループから削除されるのに十分な長さでない期間存在しない場合、別のメンバーの XCom メッセージキャッシュから欠落したトランザクションを取得することで、再接続してグループへの参加を再開できます。 ただし、メンバーの休暇欠勤中に発生したトランザクションが、最大サイズ制限に達したために他のメンバーの XCom メッセージキャッシュから削除された場合、メンバーはこの方法で再接続できません。

Group Replication Group Communication System (GCS) は、現在アクセスできないメンバーによるリカバリに必要と思われるメッセージがメッセージキャッシュから削除されたときに、警告メッセージでアラートを生成します。 この警告メッセージは、すべてのアクティブなグループメンバーに記録されます (アクセスできないメンバーごとに一度のみ)。 グループメンバーは、アクセスできないメンバーに最後に表示されたメッセージを確認できませんが、警告メッセージには、メンバーが削除される前に、選択した待機期間をサポートするのに十分なキャッシュサイズがない可能性があることが示されます。

この状況では、メンバーが正常に戻るために必要なすべての欠落メッセージがキャッシュに含まれるように、group_replication_member_expel_timeout システム変数で指定された期間内の予想されるメッセージ量に 5 秒の検出期間を加えて、group_replication_message_cache_size の制限を増やすことを検討してください。 メンバーが異常な期間使用不可になると予想される場合は、キャッシュサイズ制限を一時的に増やすことも検討できます。