Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

18.4.1 オンライングループの構成

グループレプリケーションの実行中に、グループアクションコーディネータに依存する UDF のセットを使用してオンライングループを構成できます。 これらの UDF は、バージョン 8.0.13 以上の Group Replication プラグインによってインストールされます。 このセクションでは、実行中のグループに対する変更方法と使用可能な UDF について説明します。

重要

コーディネータが実行中のグループに対してグループ全体のアクションを構成できるようにするには、すべてのメンバーが MySQL 8.0.13 以上を実行しており、UDF がインストールされている必要があります。

UDF を使用するには、実行中のグループのメンバーに接続し、SELECT ステートメントを使用して UDF を発行します。 Group Replication プラグインはアクションとそのパラメータを処理し、UDF を発行したメンバーに表示されるすべてのメンバーにコーディネータが送信します。 アクションが受け入れられると、すべてのメンバーがアクションを実行し、完了時に終了メッセージを送信します。 すべてのメンバーがアクションを終了として宣言すると、呼出し側メンバーは結果をクライアントに返します。

グループ全体を構成する場合、操作の分散特性は、グループレプリケーションプラグインの多くのプロセスと相互作用するため、次の点に注意する必要があることを意味します:

あらゆる場所で構成操作を発行できます.  メンバー A を新しいプライマリにする場合、メンバー A に対する操作を呼び出す必要はありません。 すべての操作は、すべてのグループメンバーに対して調整された方法で送信および実行されます。 また、この分散操作の実行には異なる影響があります: 呼出し側メンバーが停止した場合、すでに実行中の構成プロセスは他のメンバーで引き続き実行されます。 呼出し側メンバーが異常終了した場合でも、監視機能を使用して、他のメンバーが正常に操作を完了していることを確認できます。

すべてのメンバーがオンラインである必要があります.  移行または選択プロセスを簡略化し、できるだけ高速であることを保証するために、グループには現在分散リカバリプロセスにあるメンバーを含めないでください。そうしないと、構成アクションはステートメントを発行したメンバーによって拒否されます。

構成の変更中にメンバーはグループに参加できません.  調整された構成変更中にグループに参加しようとするメンバーは、グループを離れ、その結合プロセスを取り消します。

一度に 1 つの構成のみ.  同時構成操作はメンバーの相違につながる可能性があるため、構成変更を実行しているグループは他のグループ構成変更を受け入れることができません。

すべてのメンバーで MySQL 8.0.13 以上が実行されている必要があります.  構成アクションは分散されているため、実行するにはすべてのメンバーが認識する必要があります。 したがって、MySQL Server バージョン 8.0.12 以下を実行しているサーバーがグループに存在する場合、操作は拒否されます。