Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  グループレプリケーション  /  グループレプリケーションのアップグレード

このページは機械翻訳したものです。

18.7 グループレプリケーションのアップグレード

このセクションでは、グループレプリケーション設定をアップグレードする方法について説明します。 グループのメンバーをアップグレードする基本プロセスは、スタンドアロンインスタンスのアップグレードと同じです。使用可能なアップグレードおよびタイプを実行する実際のプロセスは、セクション2.11「MySQL のアップグレード」 を参照してください。 インプレースアップグレードと論理アップグレードのどちらを選択するかは、グループに格納されているデータの量によって異なります。 通常、インプレースアップグレードは高速であるため、お薦めします。 セクション17.5.3「レプリケーションセットアップをアップグレードする」 も参照してください。

オンライングループのアップグレード中に、可用性を最大化するには、異なる MySQL Server バージョンのメンバーを同時に実行する必要がある場合があります。 グループレプリケーションには、アップグレード手順中に同じグループ内で異なるバージョンの MySQL を実行しているメンバーを安全に結合できる互換性ポリシーが含まれています。 グループによっては、これらのポリシーの影響がグループメンバーのアップグレード順序に影響する場合があります。 詳細は、セクション18.7.1「グループ内の異なるメンバーバージョンの組合せ」を参照してください。

グループを完全にオフラインにできる場合は、セクション18.7.2「グループレプリケーションのオフラインアップグレード」 を参照してください。 本番デプロイメントと同様に、グループをオンラインのままにする必要がある場合は、停止時間を最小限に抑えてグループをアップグレードするために使用できる様々なアプローチについて セクション18.7.3「グループレプリケーションのオンラインアップグレード」 を参照してください。