Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

18.3.3 replication_group_member_stats テーブル

レプリケーショングループ内の各メンバーは、グループが受信したトランザクションを証明して適用します。 証明者および適用者プロシージャに関する統計は、適用者キューの増加状況、検出された競合の数、チェックされたトランザクションの数、すべての場所でコミットされたトランザクションなどを理解するために役立ちます。

performance_schema.replication_group_member_stats テーブルには、証明プロセスに関連するグループレベルの情報と、レプリケーショングループの個々のメンバーが受信および発生したトランザクションの統計が表示されます。 この情報は、レプリケーショングループのメンバーであるすべてのサーバーインスタンス間で共有されるため、すべてのグループメンバーに関する情報を任意のメンバーからクエリーすることができます。 リモートメンバーの統計のリフレッシュは、group_replication_flow_control_period オプションで指定されたメッセージ期間によって制御されるため、クエリーが行われたメンバーのローカルに収集された統計とは若干異なる場合があります。 このテーブルを使用してグループレプリケーションメンバーを監視するには、次のコマンドを発行します:

mysql> SELECT * FROM performance_schema.replication_group_member_stats\G

これらのフィールドは、グループに接続されているメンバーのパフォーマンスを監視するために重要です。 たとえば、グループのいずれかのメンバーが、他のメンバーと比較して常にキュー内の多数のトランザクションをレポートするとします。 これは、メンバーが遅延し、グループの他のメンバーと最新の状態を維持できないことを意味します。 この情報に基づいて、キューに入れられたトランザクションの数を減らすために、グループからメンバーを削除するか、グループの他のメンバーでトランザクションの処理を遅延するかを決定できます。 この情報は、Group Replication プラグインのフロー制御の調整方法の決定にも役立ちます。セクション18.6.2「フロー制御」 を参照してください。