Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


17.4.1.7 CURRENT_USER() のレプリケーション

次のステートメントでは、CURRENT_USER() 関数を使用して、該当するユーザーまたは定義者の名前 (あるいはそれらのホスト) を置き換えることがサポートされます。そのような場合、CURRENT_USER() は必要に応じて展開されます。

  • DROP USER

  • RENAME USER

  • GRANT

  • REVOKE

  • CREATE FUNCTION

  • CREATE PROCEDURE

  • CREATE TRIGGER

  • CREATE EVENT

  • CREATE VIEW

  • ALTER EVENT

  • ALTER VIEW

  • SET PASSWORD

バイナリロギングが有効のときに CURRENT_USER() または CURRENT_USER がステートメント CREATE FUNCTIONCREATE PROCEDURECREATE TRIGGERCREATE EVENTCREATE VIEW、または ALTER VIEW のいずれかで定義者として使用されるときは、関数参照はバイナリログに書き込まれる前に展開されるため、これらのステートメントが複製されるときはステートメントはマスターとスレーブの両方で同じユーザーを参照します。CURRENT_USER() または CURRENT_USER は、DROP USERRENAME USERGRANTREVOKE、または ALTER EVENT で使用されるときも、バイナリログに書き込まれる前に展開されます。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.