Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.9Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


17.1.1.10 スレーブでのマスター構成の設定

レプリケーションのためにマスターと通信するようにスレーブを設定するには、必要な接続情報をスレーブに伝える必要があります。これを行うには、次のステートメントをスレーブで実行して、オプション値をシステムに関係する実際の値と置き換えます。

mysql> CHANGE MASTER TO
    ->     MASTER_HOST='master_host_name',
    ->     MASTER_USER='replication_user_name',
    ->     MASTER_PASSWORD='replication_password',
    ->     MASTER_LOG_FILE='recorded_log_file_name',
    ->     MASTER_LOG_POS=recorded_log_position;
注記

レプリケーションでは、Unix ソケットファイルを使用できません。また、TCP/IP を使用してマスター MySQL サーバーに接続できる必要があります。

CHANGE MASTER TO ステートメントには、ほかのオプションもあります。たとえば、SSL を使用してセキュアなレプリケーションをセットアップできます。オプションの完全なリスト、および文字列値オプションに許可された最大長に関する情報については、セクション13.4.2.1「CHANGE MASTER TO 構文」を参照してください。