Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  グローバルトランザクション識別子を使用したレプリケーション

17.1.3 グローバルトランザクション識別子を使用したレプリケーション

このセクションでは、MySQL 5.6.5 で導入された、グローバルトランザクション識別子 (GTID) を使用したトランザクションベースレプリケーションについて説明します。GTID を使用することで、各トランザクションが発生元サーバーでコミットされて、スレーブによって適用されたあとに、それを特定して追跡できます。これは、GTID を使用することで、新しいスレーブを起動するとき、または新しいマスターにフェイルオーバーするときに、ログファイルまたはそれらのファイル内での位置を参照する必要がなくなり、これらのタスクが大幅に簡易化されることを意味します。GTID ベースレプリケーションが完全にトランザクションベースであるため、マスターとスレーブが一貫しているかどうかを判断することが容易です。マスターでコミットされたすべてのトランザクションがスレーブでもコミットされているかぎり、両者の一貫性は保証されます。ステートメントベースまたは行ベースレプリケーションを GTID に基づいて使用できます (セクション17.1.2「レプリケーション形式」を参照してください)。ただし、最善の結果を得るには、行ベース形式を使用することをお勧めします。

このセクションでは、次のトピックについて説明します。

GTID ベースレプリケーションに関係する MySQL Server オプションおよび変数については、セクション17.1.4.5「グローバルトランザクション ID のオプションと変数」を参照してください。GTID と一緒に使用するために MySQL 5.6 がサポートする SQL 関数については、セクション12.16「グローバルトランザクション ID とともに使用される関数」も参照してください。

注記

GTID は、MySQL Cluster が使用する NDB ストレージエンジンと互換性がなく、サポートされません。MySQL Cluster で GTID を有効にすると、NDB の問題が発生し、MySQL Cluster レプリケーションも失敗する可能性が非常に高くなります。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.