Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


17.4.1.14 レプリケーションと FLUSH

一部の形式の FLUSH ステートメント (FLUSH LOGSFLUSH MASTERFLUSH SLAVE、および FLUSH TABLES WITH READ LOCK) は、それらがスレーブに複製される場合に問題が発生する可能性があるため、ログに記録されません。構文例は、セクション13.7.6.3「FLUSH 構文」を参照してください。 FLUSH TABLESANALYZE TABLEOPTIMIZE TABLE、および REPAIR TABLE ステートメントはバイナリログに書き込まれるため、スレーブに複製されます。これらのステートメントはテーブルデータを変更しないため、通常は問題ではありません。

ただし、ある状況では、この動作が問題になる場合があります。mysql データベース内の権限テーブルを複製し、これらのテーブルを GRANT を使用しないで直接更新する場合は、スレーブ上で FLUSH PRIVILEGES を発行して新しい権限を有効にする必要があります。また、MERGE テーブルの一部である MyISAM テーブルの名前を変更するときに FLUSH TABLES を使用する場合は、スレーブ上で FLUSH TABLES を手動で発行する必要があります。NO_WRITE_TO_BINLOG またはそのエイリアスの LOCAL を指定しない場合、これらのステートメントはバイナリログに書き込まれます。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.