Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.9Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


17.4.1.14 レプリケーションと FLUSH

一部の形式の FLUSH ステートメント (FLUSH LOGSFLUSH MASTERFLUSH SLAVE、および FLUSH TABLES WITH READ LOCK) は、それらがスレーブに複製される場合に問題が発生する可能性があるため、ログに記録されません。構文例は、セクション13.7.6.3「FLUSH 構文」を参照してください。 FLUSH TABLESANALYZE TABLEOPTIMIZE TABLE、および REPAIR TABLE ステートメントはバイナリログに書き込まれるため、スレーブに複製されます。これらのステートメントはテーブルデータを変更しないため、通常は問題ではありません。

ただし、ある状況では、この動作が問題になる場合があります。mysql データベース内の権限テーブルを複製し、これらのテーブルを GRANT を使用しないで直接更新する場合は、スレーブ上で FLUSH PRIVILEGES を発行して新しい権限を有効にする必要があります。また、MERGE テーブルの一部である MyISAM テーブルの名前を変更するときに FLUSH TABLES を使用する場合は、スレーブ上で FLUSH TABLES を手動で発行する必要があります。NO_WRITE_TO_BINLOG またはそのエイリアスの LOCAL を指定しない場合、これらのステートメントはバイナリログに書き込まれます。