Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

27.12.18 パフォーマンススキーマサマリーテーブル

サマリーテーブルは、時間の経過とともに強制終了されたイベントについて集計された情報を提供します。 このグループのテーブルには、さまざまな方法で、イベントデータが要約されます。

待機イベントサマリー

  • events_waits_summary_by_account_by_event_name: アカウントおよびイベント名ごとの待機イベント

  • events_waits_summary_by_host_by_event_name: ホスト名およびイベント名ごとの待機イベント

  • events_waits_summary_by_instance: インスタンス当たりの待機イベント

  • events_waits_summary_by_thread_by_event_name: スレッドおよびイベント名ごとの待機イベント

  • events_waits_summary_by_user_by_event_name: ユーザー名およびイベント名ごとの待機イベント

  • events_waits_summary_global_by_event_name: イベント名ごとの待機イベント

ステージサマリー

  • events_stages_summary_by_account_by_event_name: アカウントおよびイベント名ごとのステージイベント

  • events_stages_summary_by_host_by_event_name: ホスト名およびイベント名ごとのイベントのステージング

  • events_stages_summary_by_thread_by_event_name: スレッドおよびイベント名ごとのステージ待機

  • events_stages_summary_by_user_by_event_name: ユーザー名およびイベント名ごとのステージイベント

  • events_stages_summary_global_by_event_name: イベント名ごとのステージ待機

ステートメントサマリー

  • events_statements_histogram_by_digest: スキーマおよびダイジェスト値ごとのステートメントヒストグラム。

  • events_statements_histogram_global: グローバルに要約されたステートメントヒストグラム。

  • events_statements_summary_by_account_by_event_name: アカウントおよびイベント名ごとのステートメントイベント

  • events_statements_summary_by_digest: スキーマおよびダイジェスト値ごとのステートメントイベント

  • events_statements_summary_by_host_by_event_name: ホスト名およびイベント名ごとのステートメントイベント

  • events_statements_summary_by_program: ストアドプログラムごとのステートメントイベント (ストアドプロシージャーとストアドファンクション、トリガー、およびイベント)

  • events_statements_summary_by_thread_by_event_name: スレッドおよびイベント名ごとのステートメントイベント

  • events_statements_summary_by_user_by_event_name: ユーザー名およびイベント名ごとのステートメントイベント

  • events_statements_summary_global_by_event_name: イベント名ごとのステートメントイベント

  • prepared_statements_instances: プリペアドステートメントのインスタンスおよび統計

トランザクション要約

  • events_transactions_summary_by_account_by_event_name: アカウントおよびイベント名ごとのトランザクションイベント

  • events_transactions_summary_by_host_by_event_name: ホスト名およびイベント名ごとのトランザクションイベント

  • events_transactions_summary_by_thread_by_event_name: スレッドおよびイベント名ごとのトランザクションイベント

  • events_transactions_summary_by_user_by_event_name: ユーザー名およびイベント名ごとのトランザクションイベント

  • events_transactions_summary_global_by_event_name: イベント名ごとのトランザクションイベント

オブジェクト待機サマリー

  • objects_summary_global_by_type: オブジェクトサマリー

ファイル I/O サマリー

  • file_summary_by_event_name: イベント名ごとのファイルイベント

  • file_summary_by_instance: ファイルインスタンスごとのファイルイベント

テーブル I/O およびロック待機サマリー

  • table_io_waits_summary_by_index_usage: インデックスごとのテーブル I/O 待機

  • table_io_waits_summary_by_table: テーブルごとのテーブル I/O 待機

  • table_lock_waits_summary_by_table: テーブルごとのテーブルロック待機

ソケットサマリー

  • socket_summary_by_instance: インスタンス当たりのソケット待機および I/O

  • socket_summary_by_event_name: イベント名ごとのソケット待機および I/O

メモリーサマリー

  • memory_summary_by_account_by_event_name: アカウントおよびイベント名ごとのメモリー操作

  • memory_summary_by_host_by_event_name: ホストおよびイベント名ごとのメモリー操作

  • memory_summary_by_thread_by_event_name: スレッドおよびイベント名ごとのメモリー操作

  • memory_summary_by_user_by_event_name: ユーザーおよびイベント名ごとのメモリー操作

  • memory_summary_global_by_event_name: イベント名ごとのグローバルなメモリー操作

エラーサマリー

  • events_errors_summary_by_account_by_error: エラーコードおよびアカウントごとのエラー

  • events_errors_summary_by_host_by_error: エラーコードおよびホストごとのエラー

  • events_errors_summary_by_thread_by_error: エラーコードおよびスレッドごとのエラー

  • events_errors_summary_by_user_by_error: エラーコードおよびユーザーごとのエラー

  • events_errors_summary_global_by_error: エラーコードごとのエラー

ステータス変数サマリー

  • status_by_account: アカウントごとのステータス変数

  • status_by_host: ホスト名ごとのステータス変数

  • status_by_user: ユーザー名ごとのステータス変数

各サマリーテーブルには、集計するデータのグループ化の方法を決定するグループ化カラムと、集計値を格納するサマリーカラムがあります。 同様の方法でイベントを要約するテーブルには、多くの場合に類似の一連のサマリーカラムがあり、イベントの集計方法を決定するために使用されるグループ化カラムのみ異なります。

サマリーテーブルは TRUNCATE TABLE で切り捨てることができます。 一般に、サマリーカラムは行を削除するのではなく、0 または NULL にリセットされます。 これにより、収集された値をクリアし、アグリゲーションを再開できます。 それは、実行時構成の変更を行なったあとなどに便利な場合があります。 この切捨て動作の例外は、個々のサマリーテーブルのセクションに記載されています。